うなぎ卵巻き

うなぎ卵巻き

うなぎのしっかり味にしそが爽やか

カロリー
435kcal
塩分
2.0g
カテゴリ:
ごはんもの > 寿司 > 巻き寿司
ジャンル:
和風
イベント:
おもてなしお弁当節分ひな祭りお花見遠足子どもの日敬老の日パーティー
プロ料理家:
鈴木薫
撮影:
邑口京一郎

材料(2本分)

すし飯

 ・温かいご飯…300g

 ・合わせ酢

  ・酢…大さじ2

  ・砂糖…大さじ1

  ・塩…小さじ1/3

うなぎのかば焼き(たれつき)…1/2尾分(約50g)

卵液

 ・卵…1個

 ・砂糖…小さじ1

 ・塩…少々

きゅうり…1/2本

青じそ…3枚

焼きのり…2枚

白いりごま…小さじ2

・酒、サラダ油

下ごしらえ

1.

合わせ酢の材料は耐熱容器に入れ、ラップをかけずに電子レンジで約30秒加熱する。

2.

大きめのボウルの内側を少量の1で軽くぬらしてご飯を入れ(こうするとご飯がくっつきにくい)、残りの1を回しかける。

3.

しゃもじで切るように混ぜる。全体になじんだら、そのままおいて粗熱をとる。

作り方

1.

うなぎは1cm幅の棒状に切る。耐熱皿に並べて酒小さじ2をふり、ラップをかけて電子レンジで約30秒加熱し、添付のたれを薄くぬる。きゅうりは四つ割りにする。しそは軸を切り落とし、縦半分に切る。

2.

ボウルに卵液の材料を入れ、卵をよくほぐしながら混ぜる。卵焼き器に油少々を熱し、卵液を2回に分けて流し入れ、そのつど、半熟状に固まったら巻いて、卵焼きを作る。粗熱がとれたら、1cm四方の棒状に切る。

3.
具の並べ方

具の並べ方

30×30cmに切ったラップに、のり1枚を裏面(ざらざらしている面)を上にして置く。すし飯の半量をのせ、広げる(このとき、のりの手前を約2cm、向こう側を約1cmあける)。手前にしその半量を並べる。さらに卵焼き、きゅうり、うなぎの順にそれぞれ半量ずつ並べ、ごまの半量をきゅうりの上にふる。

4.

具が動かないように指で押さえながら、手前からラップごと持ち上げ、のりとご飯で具をしっかりと包むように巻く。続けて、上のラップをはがしつつ、のりを巻き込みながら巻いていく。

5.

途中、向こう側のラップを引っ張りながら、巻いた部分を左右均等に手前に引くように押さえると、しっかりと巻ける。最後まで巻いたら、巻き終わりを下にして約10分休ませる。同様にもう1本作る。

6.

そのつど包丁をぬれぶきんで軽く拭いて、ラップごと約2cm幅に切り、ラップをはずす。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X