肉だんごの中華丼

肉だんごの中華丼

中華風のミルク煮にして、ご飯と一緒にどうぞ

カロリー
549kcal
塩分
2.8g
ジャンル:
中華風
プロ料理家:
藤井恵
撮影:
木村拓

材料(2人分)

基本の肉だんご(作りやすい分量・30~40個分)

 ・合いびき肉…500g

 ・卵…2個

 ・おろし玉ねぎ…1/4個分

 ・おろししょうが…2かけ分

 ・片栗粉…大さじ2

 ・酒…大さじ1

 ・塩、しょうゆ…各小さじ1

 ・サラダ油…適宜

肉だんごの中華丼

 ・基本の肉だんご…10~15個(でき上がり分より使う)

 ・チンゲンサイ…1株

 ・長ねぎ…1/2本

 ・サラダ油…大さじ1/2

 ・水…1/2カップ

 ・中華スープの素…小さじ1

 ・酒…大さじ1

 ・砂糖…小さじ1

 ・塩…小さじ1/2

 ・牛乳…1カップ

 ・片栗粉…大さじ1

 ・ごま油…小さじ1

温かいご飯…茶碗大盛り2杯分

下ごしらえ

1.
ひき肉以外の材料を最初に混ぜてから、ひき肉を加えると、全体に早くなじんで混ぜやすい。全体がなじんで、ひき肉に粘りが出てなめらかになったら混ぜ終わり。

ひき肉以外の材料を最初に混ぜてから、ひき肉を加えると、全体に早くなじんで混ぜやすい。全体がなじんで、ひき肉に粘りが出てなめらかになったら混ぜ終わり。

基本の肉だんごを作る。ボウルに卵を割り入れ、玉ねぎ、しょうが、片栗粉、酒、塩、しょうゆを入れて手でよく混ぜる。卵がほぐれて、全体が均等に混ざったらひき肉を入れ、手で粘りが出るまでよく混ぜる。

2.

フライパンに2cmほど油を注いで火にかける。中温(約170℃)に温まったら、手に油少々をつけて、1を3~4cm大に丸めて入れる。入れすぎると温度が下がるので、1度に揚げるのは1/3量くらいが目安。

3.
揚げたてはそのまま食べてもおいしい。好みでサラダ菜を添えたり、粉ざんしょうなどをふっても。

揚げたてはそのまま食べてもおいしい。好みでサラダ菜を添えたり、粉ざんしょうなどをふっても。

油の中で菜箸で転がして、全体にこんがりと揚げ色がつくまで揚げる。肉だんごが底につかないくらいの油の量だと、まん丸に仕上がる。

4.
冷凍した肉だんごは、凍ったまま調理OK。凍ったまま使うときには、解凍と加熱を同時にするので、中まで温まっているかどうか様子を見ながら調理時間を調整して。

冷凍した肉だんごは、凍ったまま調理OK。凍ったまま使うときには、解凍と加熱を同時にするので、中まで温まっているかどうか様子を見ながら調理時間を調整して。

でき上がったら完全にさめるまでおいて、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存する。使いたい分量を取り出して、残りはそのまま冷凍保存できる。冷凍庫で約1カ月は保存OK。

作り方

1.

チンゲンサイは長さを3等分に切って、根元は六つ割りにする。長ねぎは斜め薄切りにする。

2.

フライパンにサラダ油を熱し、1を入れて炒める。油がまわったら基本の肉だんごを入れ、水、中華スープの素、酒、砂糖、塩を加える。煮立ったら2~3分煮る。

3.

牛乳に片栗粉を加えて混ぜ、2に加えて煮立たせ、ごま油を回し入れる。

4.

器にご飯を半量ずつ盛り、3をかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X