ねぎとそぼろの担担麺

ねぎとそぼろの担担麺

コクうまの肉みそに早変わり!

カロリー
480kcal
塩分
4.5g
カテゴリ:
> 麺 その他 > ラーメン
ジャンル:
中華風
プロ料理家:
中村成子
撮影:
白根正治

材料(2人分)

ふんわりとりそぼろ…50g(材料は約400g分)

 ・とりひき肉(もも)…200g

 ・とりひき肉(むね)…200g

 ・しょうが汁…大さじ1

 ・酒…1/4カップ

 ・砂糖…大さじ4

 ・しょうゆ…大さじ2~3

 ・塩…小さじ1/3

チンゲンサイ…1株

長ねぎの細切り(5cm長さのもの)…適宜

ごまみそだれ

 ・白すりごま、白練りごま、酒…各大さじ1

 ・豆板醤(トウバンジャン)…小さじ1~2/3

 ・みそ…小さじ2

 ・しょうゆ…小さじ2

 ・ごま油…小さじ1/2

 ・塩、こしょう…各少々

肉みそ

 ・長ねぎのみじん切り、しょうがのみじん切り、にんにくのみじん切り…各小さじ1

 ・ゆでたけのこのみじん切り…50g

 ・しいたけのみじん切り…1枚分

スープ

 ・とりガラスープの素…小さじ2

 ・湯…3カップ強

中華蒸し麺…2玉

・ごま油、粗びき黒こしょう

下ごしらえ

1.
水分を加えることで、肉のしまり過ぎを防ぎしっとり仕上がる。加熱してからだとしみこみにくいので最初に加えて。

水分を加えることで、肉のしまり過ぎを防ぎしっとり仕上がる。加熱してからだとしみこみにくいので最初に加えて。

ふんわりとりそぼろ。厚手の鍋にひき肉を入れ、残りすべての材料、水1/2カップも加える。

2.
菜箸4~5本を使えばほどよく空気が入って上手に混ざるが、泡立て器を使えばもっと簡単。全体にむらなく空気が入る。

菜箸4~5本を使えばほどよく空気が入って上手に混ざるが、泡立て器を使えばもっと簡単。全体にむらなく空気が入る。

泡立て器でよく混ぜる。ひき肉を切るような要領で泡立て器を縦、横に動かしながら、水分とひき肉が均一になるようにまんべんなく混ぜる。

3.
ひき肉は鍋肌から固まってくるため、時々へらでこそげながら混ぜると、均一なかたさのそぼろになる。

ひき肉は鍋肌から固まってくるため、時々へらでこそげながら混ぜると、均一なかたさのそぼろになる。

鍋を火にかけ、煮立つまで軽く混ぜながら煮る。肉の色が変わり白っぽくなってきたら、鍋肌についたひき肉も時々こそげながら、水分がなくなってふんわりするまで全体をほぐし混ぜながら煮る。

4.
余熱を利用してよく混ぜる。かき回すように混ぜることで、肉のくっつきを防いでふんわりと仕上がる。

余熱を利用してよく混ぜる。かき回すように混ぜることで、肉のくっつきを防いでふんわりと仕上がる。

ひき肉が色づき、完全に汁けがなくなりぽろぽろになったら火から下ろす。さらに粗熱がとれるまで全体をほぐしながら、よく混ぜる。

作り方

1.

チンゲンサイは葉と軸に切り分け、軸は縦4等分に切る。ごまみそだれは、材料を順によく混ぜ合わせる。

2.

肉みそを作る。フライパンにごま油少々を熱し、ねぎ、しょうが、にんにくを炒める。香りが立ったらたけのこ、しいたけを加えてさっと炒め、1のごまみそだれ大さじ2~3も加えてさらに炒める。

3.

ふんわりとりそぼろと、スープ大さじ3を加え、全体がしっとりし、汁けがなくなるまで煮る。

4.

鍋にたっぷりの湯を沸かし、チンゲンサイを軸、葉の順にさっとゆでて湯をきる。続けて中華麺を約1分30秒ゆで、ざるにあけて湯をきる。

5.

器に残りのごまみそだれを入れ、残りのスープを温めて加えて軽く混ぜ、4の麺を加える。3とチンゲンサイ、ねぎの細切りをのせて、こしょう適宜をふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X