太巻きずし

太巻きずし

縁起よく、彩りもよく、5つの具を巻いて

カロリー
367kcal
塩分
2.8g
カテゴリ:
ごはんもの > 寿司 > 巻き寿司
ジャンル:
和風
イベント:
おもてなしお弁当お正月節分ひな祭りお花見遠足子どもの日母の日父の日行楽敬老の日忘年会パーティー
プロ料理家:
大原千鶴
撮影:
浮田輝雄

材料(3本分・3~4人分)

「基本のすし飯」…全量

とりそぼろ

 ・とりひき肉…50g

 ・酒、うす口しょうゆ(またはしょうゆ)、みりん…各大さじ1

かまぼこ(1cm四方×10cm長さのもの)…6本

きゅうり(1cm四方×20cm長さのもの)…3本

紅しょうが…適量

たくあん(1cm四方×10cm長さのもの)…6本

焼きのり…3枚

白いりごま…大さじ1

・塩

下ごしらえ

1.

すし飯は温かいうちにごまを混ぜる。

作り方

1.
とりそぼろは、材料をフライパンで混ぜてから火にかけると、短時間で味がなじみ、ぽろぽろの仕上がりになる。

とりそぼろは、材料をフライパンで混ぜてから火にかけると、短時間で味がなじみ、ぽろぽろの仕上がりになる。

とりそぼろを作る。とりそぼろの材料をすべてフライパンに入れて、耐熱性のゴムべらなどでざっと混ぜる。火にかけて、絶えず混ぜながら汁けがほとんどなくなるまで炒める。バットなどに取り出し、完全にさます。

2.

きゅうりに塩少々をふって約1分おき、ペーパータオルで水けを拭く。

3.
太巻きは大きくひと巻きして作るので、具は広げたすし飯の中央にのせるようにすると、ちょうどまん中にくる。

太巻きは大きくひと巻きして作るので、具は広げたすし飯の中央にのせるようにすると、ちょうどまん中にくる。

巻きすにのり1枚を広げ、下準備したすし飯の半量をのせて、のりの手前5mm、向こう側4cmをあけて広げる。すし飯の中央に1の1/3量と紅しょうがを横一列に広げ、その上に2、かまぼこ、たくあんをそれぞれ1/3量ずつ横一列にのせる。

4.
具を指で押さえながら、巻きすを持ち上げてひと巻きしたら、巻きす全体に力を入れてまんべんなく押さえるとくずれにくい。

具を指で押さえながら、巻きすを持ち上げてひと巻きしたら、巻きす全体に力を入れてまんべんなく押さえるとくずれにくい。

巻きすとのりの手前側を持ち、具を指で押さえながらひと巻きし、巻きすを押さえる。巻きすをはずしながらそのまま巻き、もう一度巻きすを巻いて、10分以上おいてなじませる。同様にもう2本作る。

5.

巻きすをはずし、包丁をぬれぶきんで拭きながら、食べやすい幅に切り分ける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X