子持ちがれいの煮もの

子持ちがれいの煮もの

甘辛く、こっくりと煮上げる

カロリー
209kcal
塩分
2.9g
調理時間
20
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の煮物 > カレイの煮付け
ジャンル:
和風
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
山本明義

材料(2人分)

なめたがれい(子持ち)…2切れ

しょうが…1/2かけ

昆布…5cm

煮汁

 ・酒、水…各1/2カップ

 ・しょうゆ…大さじ2 1/2

 ・みりん…大さじ2

 ・砂糖…大さじ1

・塩

作り方

1.

かれいは切り目を入れ、塩少々をふって少しおく。表面がぬれたようになったら、熱湯に入れて霜降りにする。冷水にとってきれいに掃除し、ペーパータオルでよく水けをふく。

骨に当たるまで両面に1本ずつ、卵を傷つけないように切り目を入れる。霜降りにすると煮くずれしにくくうろこがはずれやすくなる。うろこは小さく包丁では取りにくいのでこのときにきれいに取る。同時に血なども固まるのできれいに掃除する。

2.
煮汁を回しかける。特に卵は火が通りにくいので何回も

煮汁を回しかける。特に卵は火が通りにくいので何回も

口径の大きい鍋に煮汁を合わせて煮立て、昆布を敷いてかれいを並べ、再び煮立ったらしょうがの薄切りを加える。オーブン用ペーパーかアルミホイルで落としぶたをし、ときどき煮汁を回しかけながら、弱めの中火で10分ほど煮る。

煮汁が煮立ったところに入れるのがコツ。表面にすぐに火が通り煮汁に味が逃げ出すのが避けられ、生臭みもすぐに蒸発するのでにおいが汁に残らない。

3.

火を止めて味を落ち着かせてから、器に盛る。昆布は食べやすく切り、しょうがとともに手前に盛り、汁をかける。

火の通った魚は身が割れやすい。煮魚を盛るときは木べらと箸で。くずす心配が少ない。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X