シルバーウィーク後は、ひき肉&もやしのコスパ献立 画像(1/5) もやし、ひき肉、しめじと、安くて栄養価の高い食材で作ったボリュームおかず
もやし、ひき肉、しめじと、安くて栄養価の高い食材で作ったボリュームおかず

調理=野口真紀 撮影=木村拓

夏休みや秋の連休も終わり、お財布の紐をちょっと引き締めたい今日このごろ。そんなときはコスパも栄養も◎!なもやしを使った献立はいかが? メインは梅干しのやさしい酸味が食欲を誘う「ひき肉もやしの梅煮」を。

副菜にはボリューム感のある「さつまいものマッシュサラダ」か、定番コールスローにひとひねり加えた「マスタードコールスロー」。汁ものには「しょうがとなめこのかきたま汁」か「しじみレタススープ」を合わせて、バランスよく。おいしくて、コスパもいい献立をどうぞ。

【主菜】ひき肉もやしの梅煮(1人分161kcal、塩分2.3g)

<材料・2人分>豚ひき肉100g、もやし1袋(約200g)、梅干し2個、しめじ1パック(約100g)、万能ねぎの小口切り5本分、しょうゆ、みりん、酒

<作り方>

(1)厚手の鍋にもやしを入れ、ひき肉はスプーンで小さめの一口大にすくってのせ、梅干し、しめじはほぐして重ね入れる。しょうゆ大さじ1~2、みりん、酒各大さじ2を混ぜて加え、ふたをして、弱火で10分ほど煮る。

(2)ざっと混ぜて器に盛り、万能ネギを散らす。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】