晩ごはんどうする?月曜日は旬食材でパワーチャージ!
手早く作れて、ご飯も進む中華味の「牛肉とアスパラの中華炒め」

調理=川村由紀子 撮影=福岡拓

新緑の眩しいこの頃、スーパーや八百屋さんの店先にも瑞々しい野菜が並ぶ時期!「グリーンアスパラ」は見た目やお味の素晴らしさもさることながら、アスパラギン酸・ルチン・カリウム等成分の効果で疲労回復・老化防止・免疫力アップ・ダイエットにも効果的。メインはご飯にもよく合う「牛肉とアスパラの中華炒め」を。 副菜はお手軽な「新玉ねぎのサラダ」や「レンジサラダ」。汁物は「かぼちゃともやしの赤だし」・「オクラのたたき汁」で緑黄色野菜補給して。

【主菜】牛肉とアスパラの中華炒め(1人分204kcal、塩分1.2g)

<材料・2人分>牛もも薄切り肉200g、下味(しょうゆ大さじ1/2)、グリーンアスパラガス1束(150g)、にんにくのみじん切り1/2片分、しょうがのみじん切り1/2かけ分、長ねぎ1/2本、豆板醤(トウバンジャン)小さじ1/2、オイスターソース大さじ1~11/2、塩、しょうゆ、サラダ油

<作り方>(1) 牛肉は一口大に切り、しょうゆをまぶして下味をつける。アスパラガスは塩少々を加えた熱湯で色が鮮やかになるまでゆで、ざるに上げて2cm長さに切る。ねぎは1cm幅のぶつ切りにする。(2) 中華鍋に油大さじ2を熱して2のにんにくとしょうがを炒める、香りが出たら牛肉を炒める。(3) 肉の色が変わったら1のねぎを加えて混ぜながら炒め、アスパラガスと豆板醤、オイスターソースも加えてからめるように混ぜながら炒める。全体がからまったらしょうゆ小さじ1を鍋肌から入れて混ぜ、器に盛る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】