幸福感で満たされる!オーロラビーフストロガノフ風
パセリライスとからめながらどうぞ。「オーロラストロガノフ風」

調理=坂田阿希子 撮影=木村拓

食べれば至福感で満たされる牛肉メニュー。牛肉の中では安価な切り落とし肉を使って、簡単ビーフストロガノフ風メインを作ってみてはいかが? デミグラスソースも生クリームも入らず、凝ったソース作りも必要なし。でも特別感はたっぷりのメニューだ。副菜はレモンがアクセントの爽やか「もやしのはちみつレモンあえ」や「セロリのパイナップルなます」を合わせよう。汁物は夏野菜をたっぷりの「モロヘイヤとトマトのスープ」や「簡単ミネストローネ」をどうぞ。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】オーロラストロガノフ風(1人分570kcal、塩分1.6g)

<材料・2〜3人分>

牛切り落とし肉150g、玉ねぎ1/2個、マッシュルーム6個、バターライス(パセリのみじん切り大さじ2~3・温かいご飯茶碗2~3杯分・バター小さじ1~2)、白ワイン60ml、固形スープの素1/2個、万能オーロラソース(作りやすい分量)全量(でき上がり分より使う:マヨネーズ大さじ5・トマトケチャップ大さじ3)、バター、塩、こしょう

<下ごしらえ>

万能オーロラソースを作る。マヨネーズとトマトケチャップを混ぜ合わせる。

<作り方>

(1)玉ねぎは縦薄切りにし、マッシュルームは石づきを除いて、縦薄切りにする。

(2)フライパンにバター大さじ1を溶かし、牛肉を炒める。色が変わりはじめたら、塩、こしょう各少々を加えて炒め、取り出す。

(3)2のフライパンにバター大さじ1を足して溶かし、玉ねぎを入れて炒め、しんなりしたらマッシュルームを加えて炒める。油がまわったらワインを加えて煮立て、水60mlを加えてスープの素をくずし入れて混ぜる。2を戻し入れ、塩、こしょうで味をととのえて火を止め、オーロラソースを加えて混ぜる。(加熱しながらオーロラソースを加えると分離してしまうことがあるので、火を止めてから加えて混ぜる。)

(4)バターライスの材料を混ぜ、小鉢などで形を作って皿に盛り、3も盛る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】