いわしの梅じそフライ

いわしの梅じそフライ

ころもはカリッと、中身はふんわり

カロリー
654kcal
塩分
2g
調理時間
20
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の揚げ物 > 魚介の揚げ物 その他
揚げ物 > フライ > フライ その他
ジャンル:
和風
イベント:
お弁当
プロ料理家:
コウ静子
撮影:
砂川千恵子

材料(2人分)

いわし…4尾

梅干し…2個

青じそ…8枚

キャベツのせん切り…1枚分

レモンの半月切り…適宜

ころも

 ・溶き卵、小麦粉、パン粉…各適宜

・小麦粉、揚げ油

下ごしらえ

1.

いわしはうろこが残っていたら、水で流しながら、尾から頭の方向に爪でかき落とす。胸びれのつけ根にまっすぐに包丁を入れて頭を落とす。腹を斜めに切り落とし、刃先で内臓をかき出し、腹の中をきれいに水洗いして水けをふく。

2.

腹を手前にして持ち、腹の中央、中骨の上に両親指をグッと差し入れる。中骨に沿って親指を左右にすべらせ、骨から半身をはずす。右手は尾のつけ根までしっかりはずす。

3.

尾のつけ根で中骨を折り、尾を左にしてまな板に置く。左手で身を押さえながら、骨の端まで持ってゆっくり頭の方向にはがす。身の内側から背びれをつまみ出して取り除く。

4.

腹骨が残ったり、気になるときは、包丁をねかせるようにして、ていねいにすき取る。

作り方

1.

いわしは半身に切り分ける。梅干しは種を除いて包丁でたたく。

2.

いわしの身のほうに梅肉の1/8量をぬって青じそ1枚をのせ、小麦粉少々をふる。頭のほうから巻いて、巻き終わりをつまようじで留め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順でころもをつける。これを8つ作る。

3.

中温(約170℃)に熱した揚げ油でカラリときつね色に揚げ、器に持ってキャベツとレモンを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X