とりの手羽煮

時短、塩分控えめ

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
とりの手羽煮

骨つき肉は、煮ると骨離れがよくなり、おいしいスープもとれます。皮目に焼き色をつけることでこうばしさUP。

カテゴリ:
肉のおかず > 鶏肉 > その他 鶏肉料理
ジャンル:
和風
プロ料理家:
Mako(多賀正子)
撮影:
野口健志

材料(作りやすい分量・12本分)

とり手羽先…12本

・サラダ油、塩

作り方

1.
手羽先の骨と骨の間の身に切り込みを入れると、火の通りがよくなり、食べやすくなる。

手羽先の骨と骨の間の身に切り込みを入れると、火の通りがよくなり、食べやすくなる。

手羽先は骨と骨の間の身に、包丁で切り込みを入れる。

2.

フライパンに油小さじ1を熱し、1の皮目を下にして並べて焼く。こんがり焼き色がついたら水4カップ、塩少々を加えて煮る。煮立ったらアクを除き、弱火にしてふたをし、約5分煮る。手羽先を取り出し、ゆで汁はとっておく。

3.

●冷蔵庫で約1週間保存可能。粗熱がとれたら、ゆで汁と分けて保存容器に入れる。ゆで汁はスープなどにも使える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X