七福恵方巻き

七福恵方巻き

ボリューム満点

カロリー
614kcal
塩分
3.2g
カテゴリ:
ごはんもの > アレンジご飯 > のり巻き
ジャンル:
和風
イベント:
お弁当節分
プロ料理家:
平井淑子
撮影:
木村拓

材料(1本分)

うなぎのかば焼き…1/4尾分(約50g)

卵焼き

 ・卵…1個

 ・だし汁…大さじ1

 ・砂糖…大さじ1 1/4

 ・酒…小さじ1

 ・塩…小さじ1/4弱

干ししいたけ…2枚

にんじん…1/6本(約40g)

ほうれん草…1株

三つ葉…10本

焼きのり…1枚

すし飯…茶碗に軽く1杯分(材料は米2カップ分)

 ・…2カップ(360ml)

 ・すし酢(米酢40ml、砂糖小さじ2、塩小さじ1/4)

いりごま(白)…少々

煮汁

 ・だし汁…約1/2カップ

 ・砂糖、しょうゆ…各大さじ1

 ・みりん…小さじ1

・砂糖、しょうゆ、サラダ油

下ごしらえ

1.

米は洗ってざるにあけ、約1時間おく。炊飯器に入れ、水2カップ(400ml)を加えて炊く。

2.

すし酢の材料をよく混ぜ合わせる。

3.

飯台は全体をぬらしてから水を張ってしばらくおき、水をしっかりふく。

※飯台ですし飯を作ると、余分な水分がとんでおいしく仕上がる。飯台がないときは、ご飯の水分がこもらないようにするためと、混ぜるときに練ってしまわないように、できるだけ大きめのボウルやバットで代用して。

4.

炊きたてのご飯を、飯台にあけ、すし酢をしゃもじで受けながら、ご飯にかける。

※しゃもじを使うことで、すし酢がまんべんなくご飯にかかる。

5.

まず、しゃもじでご飯を下から持ち上げて、上にのせるように混ぜる。ご飯がほぐれたら、切るようにして混ぜる。粘りが出るので、練らないように混ぜるのがポイント。

6.

すし酢が全体になじんだら、手早くうちわであおいで、さます。途中、ご飯を返してはあおぐとよい。でき上がったら、乾燥しないように、かたく絞ったぬれぶきんをかぶせる。

作り方

1.

干ししいたけは水につけてもどし、軸を除いて1cm幅に切る。にんじんは5~6cm長さ、5mm角の棒状に切る。小鍋に煮汁の材料とにんじんを入れ、落としぶたをして5~6分煮て、にんじんを取り出し、汁をきる。煮汁に砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1/2を足し、しいたけを入れ、落としぶたをして約15分煮る。さめるまでおき、煮汁を絞る。

にんじんは、色よく仕上げるために、しょうゆが少なめの煮汁で煮て取り出す。次に砂糖としょうゆを足し、しいたけを煮る。

※にんじん煮の1/3量は「ミニ恵方巻き」に使う。

2.

卵焼きを作る。卵を溶きほぐし、ほかの材料を混ぜる。直径約21cmのフライパンに薄く油を熱して卵液を入れ、全体に広げる。まわりが固まったら、菜箸で2~3cm幅ずつ手前に折り返して巻く。縦に3等分に切る。

卵焼きを作るときは、フライパンを手前に傾けると巻きやすい。

3.

ほうれん草と三つ葉は、同じ熱湯で順にさっとゆで、水にとって水けを絞る。それぞれ5~6cm長さに切ってしょうゆ少々であえる。

4.

かば焼きは魚焼きグリルでさっと焼き、添付のたれ適宜をかけ、縦1cm幅に切る。

5.

巻きすにのりを縦に置き、のりの奥から約2cmをあけて、すし飯を広げる。ご飯の手前から約2cmをあけて、ゆで三つ葉、にんじん煮、うなぎのかば焼き、ゆでほうれん草、卵焼き、しいたけ煮の順に並べ、上にごまをふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X