料理レシピや節約術など生活のアイデア満載!
メニュー

昔ながらのオムライス

コツを押さえて大成功!

昔ながらのオムライスをfacebookでシェアする
昔ながらのオムライスをTwitterでつぶやく
昔ながらのオムライスをmixiチェック
昔ながらのオムライスをLINEに送る
昔ながらのオムライス
昔ながらのオムライスを印刷する 昔ながらのオムライスをいいね!と言う

0人がいいね!と
言っています

昔ながらのオムライスのカロリーカロリー
(1人分)

403Kcal
昔ながらのオムライスの塩分

塩分

3.1g
材料

材料(2人分)

  • 卵液
  •  ・卵…4個
  •  ・牛乳…大さじ1
  •  ・塩、こしょう…各少々
  • とりむね肉…1/2枚(約120g)
  • 玉ねぎ…1/4個
  • マッシュルーム缶(スライス)…1/2缶(約40g)
  • 温かいご飯…茶碗2杯分強(約300g)
  • 白ワイン(または酒)…大さじ1
  • ・塩、こしょう、サラダ油、トマトケチャップ、バター
作り方

作り方

1.

とり肉は1~1.5cm角に切り、塩、こしょう各少々をふる。玉ねぎは粗みじん切りにする。

2.

卵液は1人分ずつ作っておく。ボウルに卵の半量をほぐしてざるでこしながら別のボウルに入れ、ほかの材料も半量ずつ加えてよく混ぜ合わせる。牛乳を加えることでしっとりとし、ざるでこすことでキメの細かい仕上がりになる。

昔ながらのオムライスの作り方2


3.

フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、とり肉を炒める。肉の色が変わったら玉ねぎを加えて炒め、玉ねぎがしんなりしたら、マッシュルームの缶汁をきって加え、ワインをふって炒める。ワインを加えると、とり肉がふっくら仕上がる。

昔ながらのオムライスの作り方3


4.

水分がとんだら、ケチャップ大さじ4、塩小さじ1/4、こしょう少々を加え、さらに約1分炒め合わせる。煮立たせるようにしっかり炒めることでケチャップの酸味がとび、コクが増す。ケチャップの色が赤色から深いオレンジ色に変わったらOK!

昔ながらのオムライスの作り方4


5.

ご飯を加えてほぐすように炒める。冷やご飯のときは電子レンジなどで温めておくと、ご飯がほぐれやすくなり、均一に混ざる。炒め終わったら半量ずつに分け、ボウルの縁などを使って木の葉形に整えておくと、卵で包む作業がスムーズになる。

昔ながらのオムライスの作り方5


6.

直径約20cmの小さめのフライパンにバター10gを中火で溶かし、フライパンを回しながら縁までバターをいきわたらせる。卵液を流し入れて菜箸で大きく混ぜ、卵の周囲が固まって半熟状になったら火を止め、中央に5を半量のせる。

昔ながらのオムライスの作り方6


7.

卵ごと滑らせるようにしてフライパンの縁に寄せ、卵がまだ半熟のうちに手早く両端を折り畳むようにして包む。卵が完全に固まってしまってからでは卵とご飯がなじまず、きれいにまとまらない。

昔ながらのオムライスの作り方7


8.

フライパンとV字になるように皿を近づけてから、フライパンを返して盛りつける。ペーパータオルをかぶせ、上から軽く押さえながら形を整えるときれいに仕上がる。ケチャップ適量をかけ、もう1個同様に作る。

昔ながらのオムライスの作り方8


昔ながらのオムライスの作り方8

熱いうちに形を整えて

調理: 撮影:邑口京一郎

昔ながらのオムライスの関連キーワード

食材事典

SNOOPY トートバッグ レタスクラブ 付録 ツイッター プレゼント

11/10発売号付録の「SNOOPYトートバッグ」の写真を・・・

レシピ 手作り めんつゆ 麻婆 とりむね オムライス パエリヤ

麺だけではなく、おかずやご飯ものなど実は使いみちがいっぱい・・・

レシピ 手作り 餃子 ビール ご飯 居酒屋

ちまたでは、いろいろな形や味の餃子を出す餃子バル、餃子居酒・・・

レシピ 手作り スープ とり肉 豚肉

中国や台湾、東南アジアの食卓に欠かせないうす味のスープ。骨・・・

カドカワストア

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X

買い物リストに入れました

レシピに戻る 買い物リストへ
X

X

X