ぶりの鍋照り焼き

ぶりの鍋照り焼き

フライパンで照り焼きに

カロリー
259kcal
塩分
2.1g
調理時間
15
カテゴリ:
魚介のおかず > 魚介の焼き物・ソテー > ぶりの照り焼き
ジャンル:
和風
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
山本明義

材料(2人分)

ぶり…2切れ

たれ

 ・酒、みりん…各大さじ3

 ・しょうゆ…大さじ2

ゆずの薄い輪切り…2枚

長ねぎ…1/2本

・サラダ油

作り方

1.

たれの調味料を合わせ、バットに1/3量を入れて半分に切ったゆずを加え、ぶりを入れて全体にからめ、10分ほどつける。

2.

フライパンにサラダ油小さじ1/2を中火で熱し、ぶりの汁けをふいて入れる。下の面に焼き色がついたら裏返す。3~4cm長さに切ったねぎを加え、転がしながら焼き目をつける。

皮目は火が通りにくいので、皮の面積が大きい場合は皮を下にして入れ、皮から焼く。木べらでそっと裏返し、つけ合せのねぎを加えて焼く。切り身が厚めの場合は焦げないよう火を少し弱める。

3.

ぶりの両面をこんがりと焼き、脂が出てきたらペーパータオルでふき取る。火が通ったら残りのたれを加え、フライパンを揺すりながらぶりにからめる。

生臭みのもとともなるので、出てきた脂は、ペーパータオルなどでふき取る。残りのたれ(最初にぶりをつけたたれは、生臭みが出ているので捨てる)を加えて中火にしからめる。

4.

たれにつやととろみが出てきたら、器にぶりを盛って、ねぎとゆずを添え、たれをかける。

たれをからめるために返すとき、器に盛るときなど、菜箸だけでなく木べらやフライ返しを添えるとくずれにくい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X