いんげんのごまあえ

いんげんのごまあえ

ごまのざっくりした食感も味のうち

カロリー
116kcal
塩分
1.4g
調理時間
12
カテゴリ:
野菜のおかず > 野菜の和え物 > 野菜の和え物 その他
ジャンル:
和風
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
山本明義

材料(2人分)

さやいんげん…100g

ごまあえごろも

 ・黒いりごま…大さじ3

 ・砂糖…大さじ1

 ・しょうゆ大さじ2/3

・塩、しょうゆ

作り方

1.
品種により筋がないものが多い。さや元を切り落とすだけでよい

品種により筋がないものが多い。さや元を切り落とすだけでよい

いんげんはさや元を切る。たっぷりの熱湯に塩を少し多めに加え、いんげんを入れてゆで、好みのやわらかさになったら、冷水にとり、完全にさめたら水けをきる。

もし筋があれば、さや元(茎についていた部分)から折り、先に向けて引っぱって取り除く。水につけたままにすると味が抜けてしまうのでさめたら水けをきる。

2.
下味をつけることで、味が引き締まる

下味をつけることで、味が引き締まる

斜め切りにし、よく水けをきってボウルに入れ、しょうゆ小さじ1をふって下味をつける。

3.

ごまは半ずりか切りごまにし、砂糖としょうゆを加えてよく混ぜ、ころもを作る。

ごまは、時間があればもう一度いり直し、半ずり(すり鉢で粗くする)か切りごま(ふきんかペーパータオルの上で包丁で刻む)にして使う。

4.
しょうゆをまぶすと多少水けが出るので、これをきってころもに加える

しょうゆをまぶすと多少水けが出るので、これをきってころもに加える

3のころもに、2のいんげんの汁けをきって加え、よくあえ、器に中心を高くに盛る。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X