豆腐ステーキの黒酢照り焼きソース

豆腐ステーキの黒酢照り焼きソース

黒酢のソースで、コクのあるさっぱり味に

カロリー
358kcal
塩分
2.7g
カテゴリ:
卵・大豆製品 > 豆腐 > 豆腐ステーキ
ジャンル:
和風
プロ料理家:
小林まさみ
撮影:
野口健志

材料(2人分)

もめん豆腐…1丁

肉だね

 ・とりひき肉…100g

 ・溶き卵…1/3個分

 ・塩、こしょう…各少々

エリンギ…2本

グリーンアスパラガス…2~3本

ソース

 ・黒酢(または酢)…大さじ3

 ・酒、みりん、しょうゆ…各大さじ2

 ・砂糖…小さじ2

 ・水…大さじ3

・小麦粉、サラダ油、粗びき黒こしょう

作り方

1.
ペーパータオルに豆腐を包み、そのままおいて水きり。豆腐の水分もうまみになるので、味つけがうすまらないように程よく水をきることが目的。豆腐を切ってからペーパーに包むと、より短時間で水きりできる。

ペーパータオルに豆腐を包み、そのままおいて水きり。豆腐の水分もうまみになるので、味つけがうすまらないように程よく水をきることが目的。豆腐を切ってからペーパーに包むと、より短時間で水きりできる。

豆腐は厚みを半分に切り、ペーパータオルに包んで約5分おいて、軽く水きりする。エリンギは縦に4~6等分に裂く。アスパラガスは根元のかたい部分を切り落とし、5cm長さ、1cm幅の斜め切りにする。ボウルに肉だねの材料を入れてなじむまで練り混ぜる。ソースの材料は混ぜ合わせる。

2.
小麦粉をふったバットに豆腐を置き、上面にも茶こしで小麦粉をふると、豆腐をくずさずに小麦粉をまぶすことができる。肉だねは豆腐の上面にまんべんなく広げてのせることで、100gのひき肉でも食べごたえのあるステーキになる。

小麦粉をふったバットに豆腐を置き、上面にも茶こしで小麦粉をふると、豆腐をくずさずに小麦粉をまぶすことができる。肉だねは豆腐の上面にまんべんなく広げてのせることで、100gのひき肉でも食べごたえのあるステーキになる。

バットに茶こしで小麦粉を薄くふって豆腐を置き、上面にも小麦粉を茶こしで薄くふる。1の肉だねを半分にし、豆腐の上面に広げてのせる。

3.

フライパンに油大さじ1を熱し、2を肉の面を下にして静かに並べる。フライ返しで軽く押しつけてなじませてから、中火で約3分焼く。こんがり焼き色がついたら上下を返し、豆腐の面にも焼き色がつくまで焼く。

4.

フライパンの油をペーパータオルでふき取り、1のソースを加え、煮立ったらふたをして弱火で4分、蒸し焼きにする。皿に豆腐ステーキを取り出し、ソースが残ったフライパンにエリンギとアスパラガスを加えて強火にし、少しとろみがつくまで炒め煮にする。

5.

豆腐ステーキにかけ、こしょう適宜をふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X