二日酔いでもバッチリおいしい!?フルフル食感の塩系麻婆豆腐を【作ってみた】
軽い二日酔いの「塩欲」と空腹を満たしてくれる、塩系麻婆豆腐の完成

育児に追われているうちに、すっかりお酒に弱くなりました。ところが花見で調子に乗ってビールにワインとはしゃいでいたら、翌朝は喉がカラカラ&ほんのり頭痛……。すると「あ~、二日酔いなんて久々」というしょんぼり気分と反比例し、体の底から猛烈に湧き上がってくるのは「塩気」&「やわらかさ」への欲求! これもまた、久々である。そんな二日酔いメニューの定番と言えばうどんなのだが、疲労回復のためにはたんぱく質も食べておきたいところ。そこでぜひ作ってみたくなったのが、「鶏しお麻婆豆腐」である。丸美屋の麻婆豆腐シリーズの中でも「期間限定」というので、つい手にとってしまった1品なのだ。


パウチに入った「麻婆豆腐の素」はひき肉入りなので、基本的には豆腐を用意すればオッケー。パッケージを読むと、さらに長ねぎを加えると書いてあるが、今回は冷蔵庫にあった椎茸と小ねぎを入れてみよう。早速ソースに水50ccを加え、沸騰したら1.5センチ角に切った豆腐と椎茸を加え中火で約3分、仕上げに小ねぎの小口切りをパラッと散らしてあっという間に完成だ。ところでなんですが、この「1.5センチ角のさいの目」が、中年主婦だというのに、切っている途中で崩れてしまいどうもうまくできないんですよねえ……。いつも絹豆腐を使っているけど、木綿豆腐にすれば少しはマシになるかしら(今後の課題としておきましょう)。


あっという間に出来上がった、二日酔いの体が求める「鶏しお麻婆豆腐」。トロ~リとしたショウガ香るあんのからんだ豆腐をれんげですくい上げ、ハフハフしながら口に運ぶと……ふむふむ、ほんのりスパイシー。付属の「花椒」は、中盤で入れると風味に変化が出て楽しかった。フルフルッとした豆腐と鶏しお味は文句なく相性がよく、今回思いつきで入れた椎茸は歯ごたえを生み、いい感じのアクセントに。食べ終わるとほんのり汗ばむほど体も温まり、お腹は満足、軽い二日酔いも心なしかスッキリ。だいぶシャキッと持ち直し、真人間に戻れたような気分になれましたよ。全面的に、大満足です。


文=スモモスキー

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】