関西風すき焼き

関西風すき焼き

焼き肉にして食べてから、わりしたで煮る

カロリー
357kcal
塩分
3.1g
カテゴリ:
鍋もの > 和風鍋 > すき焼き
ジャンル:
和風
プロ料理家:
つむぎや(金子健一・マツーラユタカ)
撮影:
竹内章雄

材料(2~3人分)

牛すき焼き用肉…200g

もめん豆腐…1/2丁(約150g)

白菜…3枚

長ねぎ…1本

春菊…4株

車麩(ぶ)…1個

牛脂(またはサラダ油)…適宜

ざらめ(または砂糖)…小さじ1/2

わりした

 ・酒…大さじ6

 ・しょうゆ…大さじ3

 ・ざらめ(または砂糖)…小さじ4

・しょうゆ

作り方

1.

白菜はざく切りに、ねぎは斜め1cm幅、春菊は7cm長さに切る。車麩は水でもどしてから水を絞り、6等分に切る。豆腐は8等分に切る。

2.

フライパンに牛脂を入れて火にかけ、脂が出たらざらめを入れる。牛肉2~3枚を広げて入れ、両面をさっと焼く。肉の色が変わったらいったん火を止め、しょうゆ小さじ1をかけて、牛肉を食べる。

3.
焼いた肉を食べてからわりしたを注いで

焼いた肉を食べてからわりしたを注いで

フライパンに1、残りの牛肉を並べ入れ、中央にわりしたのざらめを入れて弱火にかける。約30秒熱したら、残りのわりしたの材料を入れ、中火にする。煮立ったら弱火にし、牛肉と野菜に火が通るまで煮る。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X