Twitterで2.4万いいね! クオリティ高すぎる指輪を折り紙で作ったパパ

#やってみた 

お子様セットにおもちゃがついていたり、おまけがもらえたり。子ども向けのちょっとしたサービスに心躍る幼少期を過ごした人も多いのではないでしょうか。大人になると興味が薄れる場合も多いですが、もしこんなおまけがもらえたら、年齢を超えて夢中になってしまうかもしれません。

ゲームの指輪みたいだと話題です

なんて素敵な指輪たち! しかも折り紙で作ったなんて!

行きつけの食材屋さんでもらった折り紙の指輪に感動し、自分でも制作されたという白蔵盈太さん。「テンション上がる」というツイートに2万を超えるいいねがつきました。

豪華すぎる指輪たち

見栄えもバッチリ。

見栄えもバッチリ

宝石がキラリと光ります。

キラリと光ります


充分すぎるほどの高クオリティなのですが、白蔵さんの創作意欲はまだまだつきません。

創作意欲はツリーに続く

白蔵さん「王国一の指輪職人になるために、いろんな属性の指輪を次々と錬成している。」
ゆ、指輪職人!? 魔法でも使えちゃいそうな指輪が量産されていきます。

異世界みたい!?心躍る指輪

リングに模様が刻まれていたり、宝石が2色だったり……。ファンタジーすぎるのが素晴らしい!!!

まだまだ作り続けます

折り紙の指輪がずらり

豪華な指輪たち

指にはめるとまるで王様のよう。たくさんの宝石がキラリと光ります。
これで大満足……と思いきや?

魔法の指輪を目指して…

星の指輪

「星の指輪」→宝石の上だけゴールドになっているデザインが魅力的!

悪魔の指輪

「悪魔の指輪」→紫と赤の組み合わせが完全に悪。指輪が太いのも悪っぽい。

薔薇の指輪

「薔薇の指輪」→ただただ綺麗でドラマチックなネーミング。

と、次々に素敵な指輪を生み出し、本当に指輪職人になられた模様(笑)。ここまでの経緯について、白蔵さんにうかがいました。

__指輪のクオリティの高さ、種類の多さにとにかく驚きました(笑)。娘さんも喜ばれたのではないですか?

白蔵さん:
「大変喜んでくれていて、作った指輪は大事にコレクションしてくれています。
ただ、最初は興味深そうに作業中の私にちょっかいを出してきていたのですが、私が制作に集中しすぎて鬼気迫る雰囲気が出てきたあたりから、これは邪魔してはいけないのだと思ったらしく寄ってこなくなりました」

__本気度が伝わったんですね(笑)。

白蔵さん:
「途中からもはや子どもそっちのけで指輪職人を目指し始めてしまったので、娘が『お父さんがまた変なことやってる』みたいにちょっと引いた感じの反応になっていて。私はいったい何をしているのだろうかと自分が分からなくなりました」

__いつの間にか指輪職人になってしまったのですね。素敵な指輪が生まれた理由がわかったような気がします。


ここまで大人を魅了してしまう指輪、自分でも作ってみたい!!
不器用ながら我が家でも挑戦してみました。

作り方1

用意するのは折り紙2枚。宝石用と本体用で別色を用意しました。
【作り方】
(1)折り紙2枚をそれぞれ半分に切る

作り方2

(2)宝石用の折り紙を縦方向、横方向にそれぞれ折筋をつけて、1/8サイズの正方形になるように切る

作り方3

(3)本体用の折り紙を縦方向に半分、横方向に半分折り、広げる。縦方向の折筋に向かって両端を折り、広げる

作り方4

(4)本体用の折り紙の裏側中央に宝石用の折り紙を置き、長辺の両端を折り目に沿って2回折る
(5)本体用の折り紙を表側にひっくり返し、横方向に半分、縦方向に半分折る

作り方5

(6)袋状になった折り目を開き、先端が三角形になるように整える。反対側も同様に
(7)重なっている折り紙を開き反対側へ折る。反対側も同様に

作り方6

(8)輪の部分が細くなるように、本体用の折り紙を中央の折線に向かって長辺の両端を折る
(9)宝石部分の折り紙が箱型になるよう両端を広げて形を整える

作り方7

(10)(8)と同様に輪の太さを調整し、長い部分は切る
(11)切った両端を入れ込み形を整えれば完成

不器用でも完成!

手先の器用さに自信はありませんが、無事に完成させることができました。達成感でいっぱいです。

子どもたちも大満足♪

保育園児の我が子も大満足の出来栄えだったようで、喜んでつけてくれました。子どもの指にはとても大きかったようなので、ツイートのように4分の1サイズの折り紙で作った方が子ども向きかもしれません。

作ってみると意外と簡単で、しかも本物みたいな指輪の出来上がり! 子どもに言われるがまま、他の色も楽しみながら作れました。
指輪職人になっちゃう気持ちもわかるかも……!!

大人もつい本気になっちゃう指輪作り、子どもとのおうち時間にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

文=上田美里

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧