基本のおいなりさん

総合16

時短、塩分控えめ

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
基本のおいなりさん

しっとり、ジューシーな仕上がり

カロリー
146kcal
塩分
0.9g
カテゴリ:
ごはんもの > 寿司 > いなり寿司
ジャンル:
和風
イベント:
お弁当遠足行楽
プロ料理家:
井上和子
撮影:
木村拓

材料(20個分)

ジューシーお揚げ

 ・油揚げ…10枚

 ・煮汁

  ・だし汁…1 1/2カップ

  ・砂糖…大さじ5

  ・しょうゆ…大さじ3

  ・みりん…大さじ1

すし飯

 ・昆布(5cm)…1枚

 ・…3合

 ・合わせ酢

  ・酢…大さじ4

  ・砂糖…大さじ3

  ・塩…大さじ1/2

作り方

1.
押さえつけるように菜箸を転がし、少しずつ開く。ゆでるときは菜箸を上下逆にして持ち、持ち手側で油揚げをつかむと破れにくい。

押さえつけるように菜箸を転がし、少しずつ開く。ゆでるときは菜箸を上下逆にして持ち、持ち手側で油揚げをつかむと破れにくい。

まな板に油揚げを1枚ずつのせて、菜箸を押さえつけるように転がし、長さを半分に切って中を開き、袋状にする。鍋に湯を沸かし、油揚げを入れて途中一度返し、30秒~1分ゆでて油抜きをする。ざるにあけて広げ、水けをきる。

2.
木の落としぶたがなければ、鍋よりひと回り小さい、鍋のふたで代用して。

木の落としぶたがなければ、鍋よりひと回り小さい、鍋のふたで代用して。

鍋に煮汁の材料を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら1を加える。木の落としぶたか、鍋よりひと回り小さい鍋のふたをのせ、強めの中火で7~8分煮て上下を返す。さらに7~8分、ほとんど汁けがなくなるまで煮て火を止め、さます。

3.

すし飯を作る。米は洗って水をきり、炊飯器に入れ、すし飯の目盛りまで水を注ぎ昆布も入れて炊く。炊き上がったら昆布を除き、内釜ごと返してご飯を飯台かボウルにあけ、合わせ酢を回しかける。しゃもじで切るように、全体に合わせ酢がまわるまで混ぜ、うちわなどであおいでさます。

4.
両手のひらではさむように汁けを絞る。油揚げにすし飯を詰め、中で軽く広げる。油揚げの端を中に折り、余った両端を折りたたむ。

両手のひらではさむように汁けを絞る。油揚げにすし飯を詰め、中で軽く広げる。油揚げの端を中に折り、余った両端を折りたたむ。

すし飯を20等分(1個約50g)にして軽く丸める。2を両手ではさむようにして汁けを軽く絞り、すし飯を詰めて中で軽く広げる。油揚げの両端を中に折り、余った両端もさらに折って口を閉じる。器に盛り、好みで甘酢しょうがを添えても。
●このレシピのジューシーお揚げは作りやすい分量です。軽く汁けをきって保存袋に入れ、冷凍庫で2週間保存できるので、時間があるときにたっぷり作っておいても。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X