消耗品のストック、どうしてる? わが家のトイレットペーパー事情

#くらし 
トイレットペーパーのストックこそ「どのくらいストックすれば安心か」を逆算して定期的に買うようにすると、もしものときにも困りません。

唐突ですが、消耗品のストック量についてお話したいと思います。

消耗品の代表例といえばトイレットペーパーですが、みなさんはトイレットペーパーをどのくらいストックしていますか? 家族の人数や性別によって消費量は異なると思いますが、わが家では1ヶ月でちょうど8ロールがなくなるので、買うのは1パック8ロール/1か月。毎月1パックを宅配で定期購入し、みんなが交換しやすいようにトイレの棚に8ロール並べていました。これならなくなってから急いで買いにいかなくていいし、収納場所もトイレの棚だけで間に合っていたのです。

ところがご存知の通り2020年の初春、突然のコロナ禍。影響が大きくなるにつれてトイレットペーパーの欠品も大きく報道されるようになりました。定期購入先からも「現在注文が殺到していて、予定通りに配送できない可能性があります」という連絡がくるようになり、私は焦りました。予定通りに届くという前提で「過不足なく持てている」と思っていましたが、予定通りに届かないとなると途端に困ってしまうのです。トイレに流すトイレットペーパーは、ティッシュペーパーやキッチンペーパーでは代用できないこともそのとき実感しました。ドラッグストアの店頭からもトイレットペーパーの在庫がすっかり消えていたころでした(とはいえ、実際には定期的に配送され、困った経験はせずにすんだのですが)。

コロナ禍に限らず、災害で物流が止まる可能性も考え、いったん、私は2か月分をストックすることにしています。予備の1パックはトイレに置けるスペースがないのでクローゼットの中に収納することにしました。新しいトイレットペーパーが2パック届いたら、1パックはクローゼットに、もう1パックはトイレの棚に並べます。トイレットペーパーのストックこそ「減ってきたからなんとなく買いに行く」のではなく、「どのくらいストックすれば安心か」を逆算して定期的に買うようにすると、もしものときにも困りません。

シンプルライフ研究家 マキ

シンプルライフを通し心に余白をつくる提案をする、シンプルライフ研究家マキさん

不要なものは持たない「シンプルライフ」を通して、心に余白をつくる提案をする。雑誌やテレビなどで発信や講演活動も行なう。著書は『なくす家事』(小社刊)はじめ12冊。夫と中学生、小学生の女の子の4人家族。オンラインサロン「シンプルライフ研究会」主宰。

撮影/林ひろし 編集協力/宇野津暢子 デザイン/河村かおり(yd)

文=レタスクラブ編集部

この記事に共感したら

Information



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 9月号』情報はこちらから▼

疲れたときは…レンチンレシピに限る!/発酵食品でボリュームごはん/もっとおいしく食べるにはリベイクが正解!/収納や配置を見直して、しっかり対策!防災お片づけガイド/お風呂の医学研究者が伝授!免疫力を上げるバスタイム習慣/6年間で1000万円! 貯めたカリスマくぅちゃんに教わる時間も手間もかけずに食費を下げる5つのルール/【とじこみ付録】きのこの美腸BOOK


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //