年齢はただの数字? 40歳女性と大学生の恋に「心拍数上がる」とTwitterがお祭り騒ぎに
大人だってときめきたい!

アラサー、アラフォー世代になってくると、若い頃ほどキュンキュンすることは少なくなってくるもの。異性にときめく場面が減ってくるのは寂しいことですが、世間には年下の異性との交流にときめいている人もいるようす。ある40代女性の恋愛エピソードがテレビで紹介されると、「胸キュンが止まらない!」とTwitter上がお祭り状態になりました。


■年下男子の距離感にドキドキ!

ネット上には、アラサー、アラフォー独身女性の「出会いが無い」「キュンキュンしたい!」という叫びが少なくありません。同年代や年上の男性は既婚者が多く、年下男子からはオバサン扱いされることも。ただ、「大学生の男の子が笑顔で挨拶してくれる度にキュン…」と、年下男子と楽しいひと時を過ごしている人の声もないわけではありません。

7月3日に放送された「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)でも「オトナの胸キュンSP」と題して、一般の人から寄せられたアラフォー女性の恋愛エピソードを紹介しています。40歳になったばかりの女性・みゆきが、同じコンビニで働いていた大学生・隼也に連絡先を聞かれるところから話は展開。隼也は「シフトを代わって貰おうと思って」と、みゆきに連絡先を聞いたのですが、それ以来仕事とは関係ないことについてもメールのやりとりをするように。仕事中にもまるで同年代のように仲良く会話をするようになり、隼也からは「彼氏さんとかいないんですか?」と意味深な質問をされるなど、良い雰囲気が漂います。

これには視聴者から「こんなに向こうから積極的に声かけられたら心拍数上がっちゃうじゃないの!」「やばいこの距離感、恋に落ちるわ」「『彼氏いないんですか?』なんて聞かれたら勘違いしちゃう」と興奮の声が上がりました。


■ライバルの出現に思わぬ告白… 驚きの展開に涙する人も!

しかしその後、隼也に想いを寄せているアルバイトの若い女子・愛華から思わぬ攻撃が繰り出されます。愛華は2人の会話中に割り込んできたり、「もしかして隼也君とつき合おうと思ってたんですか?」「隼也君がそんな年の離れた人を相手にするわけないじゃないですか」とみゆきにハッキリ言ったりと、2人を引き離す行動に。

その後、隼也を避けるようになったみゆきですが、ある日隼也と愛華が一緒にいるところに出くわすと、隼也から「言わなきゃいけないことが…」と切り出されます。みゆきは「つき合っています」という報告をされるものだと思い込んでいました。しかし実際に隼也の口から発せられたのは、愛華の酷い言動についての謝罪。みゆきが落ち込んでいたことを察した隼也は、バイト仲間に話を聞いてみゆきへの愛華の仕打ちを知ったと言います。ただ、愛華は納得がいかない様子で「なんで私よりこんなおばさんに優しくするの!?」と激昂。隼也は「年齢なんてただの数字」「しょうがないじゃん、普通じゃ考えられないくらいに藤村さん(みゆき)のこと、好きになっちゃったんだから」と唐突に告白しました。

さらに隼也は「他の誰が何を言ったとしても、俺は、藤村さんと沢山一緒にいたい。俺とつき合ってください」と頭を下げました。思わぬ発言に驚いたみゆきは、涙を浮かべ「私おばさんだよ。顔のシワだって増えてきたし、ピアスだって似合わないし」と言い募りますが、自分を卑下するみゆきを隼也は抱きしめ、「俺が好きな女性のことを、これ以上悪く言わないでください」と一言。これにはスタジオでVTRを見ていた三田寛子も「わぁ~」と口を押さえてにやけ顔。ネット上でも「たまらん!」「こんなこと言われたらもう立ってられない」と絶賛の声が続出しました。中には「これはズルい… 不覚にも泣いてしまった」「まさかここまで感動させられるとは(号泣)」と、涙を我慢できなかった人もいたようです。


Twitter上がお祭り騒ぎになった40歳女性の恋愛エピソード。「同年代はもうみんなパートナーがいるし…」と恋を諦めているアラサー、アラフォー世代の女性は、今まで目を向けていなかったところに素敵な男性がいるかもしれませんよ。