しもしも~? あなたも“昭和メイク”を死守してるの? あか抜け“平成メイク”のポイント 画像(1/2) ギロッポンへGO!みたいな?

「がんばってメイクをすればするほどあか抜けない…なぜ!?」。そんなあなたは(昭和生まれじゃなくても)“昭和メイク”になっているのかも!?

そこで、メイクの“昭和”と“平成”の違いをチェックしてみましょう。

 

これが昭和メイク

切って貼ったような眉やファンデを塗りこめた肌。青やピンクを「塗りました!」という化粧感たっぷりなのが昭和メイク。


・アイメイク

ブルーのアイシャドウじゃないとアイメイクした気がしないわ~。

・ファンデーション

ファンデーションでとにかくカバー! 仕上げのパウダーはたっぷりのせなくちゃ。

・リップ

パールピンクの口紅は鉄板。気に入った色を塗り続けているわ。

・眉

20代から変わらない眉シルエットを死守しているの!

・チーク

チークはほおのへこんだところから斜めにシャシャッと入れるに決まってるわ。

 

平成メイクはこれ


しもしも~? あなたも“昭和メイク”を死守してるの? あか抜け“平成メイク”のポイント 画像(3/2) 【写真を見る】朝からさわやか! さあ、お弁当作らなくちゃ

今どきメイクの特徴は、自然でつややかな肌と、健康的で血色のいい顔色。何色を塗っているかより、ツヤやパール感が美しいことがポイント!


・アイメイク

色よりニュアンス! まぶたになじむ色できれいに見せるの。

・ファンデーション

ファンデーションは塗り過ぎちゃダメ。粉っぽいのはNG。健康的なツヤ肌でなくちゃ!

・リップ

素の唇がきれい! って見えるようにナチュラルで子どもの唇みたいな色がいいのよ。

・眉

描き過ぎない、塗り過ぎない! 眉頭も眉山も、やさしいのが今どきね。

・チーク

チークで作りたいのはバーッと走って上気したような血色のいい顔色。


見た目年齢を若返らせるには、平成メイクにチャレンジしてみてもいいかもしれませんよ。