梨花さんもInstagramで大絶賛の子育て本「頭のいい子の親がやっている『見守る』子育て」の著者、小川大介先生が、悩める親たちにアドバイス。「うちの子のこんなところが心配」「私の接し方、コレでいいの?」など、子育てに関するありとあらゆる悩みにお答えします。連載第8回目のお悩みはこちら。

何度注意しても鼻ほじりをやめない息子、どうすれば?【小川大介先生の子育てよろず相談室】 画像(1/1)  

【お悩み】

5歳の息子の鼻ほじりが止まりません。ほじり過ぎて鼻血が出ることもあったので、耳鼻科に診てもらったところ、アレルギー性鼻炎などの問題は特にないとのこと。「汚いからやめて!」「行儀悪いよ」と注意するのですが、そのときはやめても、気づくとまたほじっています。クセになっているのか、本人も無意識でほじってしまっているようです。衛生的にも問題があるので、どうにかしてやめさせたいと思っているのですが、何か効果的な声かけ方法はありますか?(ひじきさん・43歳)


【小川先生の回答】

■鼻ほじりは“寂しい”のサイン

子どもの無意識のうちに出るしぐさというのは、すべて何らかのシグナルです。例えば大人でも、口寂しい時、つい甘いものに手が伸びてしまうことってありますよね。お腹がすいているわけではないのに、なんとなく何かを口に入れたくなってしまう。それと同じで、鼻ほじりも“寂しいから、なんとなく落ち着かないから、何かに触れていたい”という気持ちの表れなんです。その証拠に、お母さんが一緒に遊んであげている時などは、息子さんはあまり鼻ほじりをしていないと思います。ほじってしまう時って、たいてい一人でじっとしていなきゃいけない時なはず。待っている時とか、話を聞かされている時とか。落ち着かなくてムズムズして、“何かに触れて一体感を覚えたい”気分になって、そのような行動に出てしまうと考えられます。指しゃぶりなどもまさにそう。おっぱいを吸っていた頃に戻って、お母さんと触れ合う疑似体験をすることで、子どもは安心感を得ているわけです。


■“叱る”ではなく“抱きしめる”

ですから、「行儀が悪い」という叱り方では、鼻ほじりは治りません。それよりも、お子さんを抱っこしてあげたり、一緒に遊んであげてください。その方が、よっぽど効果があります。親と一緒にいるという安心感を渡してあげることで、鼻ほじりは確実に減っていきますよ。そうは言っても、お母さんもやることがたくさんあるでしょうから、四六時中つきっきりは難しいですよね? そういうときは、お子さんの座る場所を工夫してあげるだけでも違ってきます。例えば、座面の固い椅子だと、子どもは落ち着かなくて手が動いてしまいがちですが、ソフトビーズクッションなどの体がホールドされるようなものだと、安心感を得られ、手が鼻に伸びにくくなります。また、椅子の高さを、足がちゃんと床につくように設定してあげるだけでも、体が安定します。要は、安心できる自分の居場所を作ってあげること。上品な振る舞いをしつけようという発想に立つよりも、子どもが安定・安心できる環境を与えることを意識してみてください。鼻ほじりは自然となくなっていきますよ。


回答者Profile

小川大介

教育専門家。中学受験情報局『かしこい塾の使い方』(https://www.e-juken.jp)主任相談員。

京都大学法学部卒業後、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を創設。教科指導スキルに、子育てコーチング、学習タイプ別の指導術を組み合わせ、短期間の成績向上ノウハウを確立する。個別面談の実施数は6000回を数え、受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。各メディアでも活躍。著書多数。