えびとなすの夏冷え対策カレー

えびとなすの夏冷え対策カレー

体の冷えをとるえびと、血行をよくしてくれるなすを合わせて

カロリー
564kcal
塩分
3.8g
カテゴリ:
ごはんもの > カレー > カレー その他
ジャンル:
エスニック
プロ料理家:
植松良枝
撮影:
新居明子

材料(3~4人分)

えび(ブラックタイガーなど)…大12尾

プレーンヨーグルト…1/2カップ

なす…大3~4個(約400g)

温かいご飯(ここでは大麦入り)…適量

「薬膳カレーの素」(自然解凍したもの)…1袋

カルダモン(パウダー)…小さじ1 1/2~2

・塩、酢、サラダ油、カレー粉

作り方

1.
なすは真っ黒に焼いて皮をむいたら、包丁でたたく。粘りが出るが、この粘りでカレーにとろみをつける。

なすは真っ黒に焼いて皮をむいたら、包丁でたたく。粘りが出るが、この粘りでカレーにとろみをつける。

なすは魚焼きグリルに入れ(入らなければ縦半分に切って入れる)、中火で約10分、途中少しずつ回転させながら焼く。皮が黒くなったら取り出し、ボウルなどをかぶせて蒸らす。粗熱がとれたら皮をむき、包丁で粗くたたく

2.

えびは尾を残して殻をむき、背に深く切り目を入れて背わたがあれば除く。塩小さじ1/4と酢小さじ2をふってもむ。

3.

鍋に油大さじ1 1/2を中火で熱し、2の汁けをきってから入れて炒める。色が変わったらいったん取り出す。

4.

同じ鍋に「薬膳カレーの素」、カレー粉大さじ3 1/2を入れ、炒め合わせる。水3カップを加えて弱火にし、煮立ったらなすとヨーグルトを加えて煮る。とろみがついたらえびを戻し入れ、さっと煮る

5.
カルダモンパウダーは香りがとびやすいので、調味の最後に加える。カルダモンシードを使う場合は、カレー粉を炒めるときに加えて。

カルダモンパウダーは香りがとびやすいので、調味の最後に加える。カルダモンシードを使う場合は、カレー粉を炒めるときに加えて。

カルダモンと塩小さじ1 1/3~1 1/2を加えて調味する。器にご飯を盛り、カレーをかけ、好みでさらにヨーグルトをかけても。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X