初恋の人“ニケ君”にまた会える! 『魔法陣グルグル』アニメ化に大人たちが大興奮!

ギャグファンタジー漫画の名作『魔法陣グルグル』の3度目のアニメ化が決定し、先日ティザービジュアルも公開されました。

1994年と2000年にもアニメ化され、現在も『魔法陣グルグル2』が『ガンガンONLINE』にて連載中の同作ですが、今回のアニメ化は1992年から連載されていた原作第一話から始まるリメイク作品。そのため「グルグル懐かしいー! 漫画読み直しておこうかな」と、子どものころにハマっていた大人たちが興奮しているようです。


■魔法陣グルグルアニメ化に大人女子が喜ぶワケって?

勇者ニケと、闇魔法“グルグル”を使う魔法使いのククリが魔王退治の冒険に出るこの漫画は、「村人に話しかけるけど、決められたことしか喋ってくれない」といったRPGゲームのパロディネタや、変な踊りを踊る“キタキタおやじ”などの個性的なキャラクターで人気を博していました。

作者の衛藤ヒロユキは、『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場』などのゲーム系の漫画を描いていたこともあり男性からの人気が高かったのですが、主人公のニケを演じる石上静香が「子供の頃から大好きな作品で、ニケ君は初恋の人です!」とコメントしているように、今回のアニメ化を喜んでいる女性も多い模様。「グルグル懐かしい! ニケ君好きだったな~」「ニケ君とククリちゃんのやり取りは胸キュンばっかりで最高です」と大きな反響が上がっています。

特に女性に人気なのが、卑怯な手を使いまくったり、なまけ癖があったりとダメダメながら大好きなククリを必死でサポートする主人公のニケ、そしてククリに恋心を寄せる魔界からの使者・レイドです。レイドもカッコイイ見た目とナルシストな性格に反して魔法を使う時の呪文「もんちゃらへっぴ~ もけもけさ~」といったダサダサなものだったりと、少し残念なところが人気の秘訣だったのかも。


■あの名シーンも見られるはず!

原作第一話からのリメイクということで、レイドやキタキタおやじなどの人気キャラの登場はもちろん、様々な名場面の再登場を待ちわびる人も多いようです。

旅の途中で立ち寄った宿屋で何かの丸焼きと思われる謎の食べ物が出され、「これ、なんの料理ですか?」「ギンギー料理」「材料は?」「ギンギー」という不毛なやり取りが行われるシーンや、何を売っている店か分からない店に「なに屋さんですか?」と聞くと「ヒッポロ系ニャポーンさ!!」と返されるシュールなネタなどが人気の同作。

アニメ化決定を受け、「マタデー料理はもちろん出るよね?」といった期待の声から、「ボスがシリアスなシーンで変な台本渡されて『魚も泳ぐ戦国風呂を味わうがよい』とか言っちゃうあれすごく笑ったな~」と懐かしむ声など反響が続々と上がっています。

連載開始から絵柄が大きく変化していったことでも知られる『魔法陣グルグル』ですが、今回公開されたティザービジュアルには「初期っぽくてかわいい!」「原作初期に寄せたんだ! 懐かしくてすごく良い…」との声も。あの頃のドキドキや笑いを思い出させてくれるアニメにぜひ浸ってみては?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】