アラフォーで出産した私。早くに出産した友だちと話題が合わず疎外感…【お悩み相談】

#くらし 

夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

■相談者プロフィール

さくら(40歳女性)
高齢出産をした40歳主婦です。周りと子どもの年齢も合わず孤立していることに悩んでいます。

お悩み相談


40歳主婦です。子どもは3歳の男の子がいます。私は、多くの友達に囲まれているとどこか安心するところがありました。もしかしたら、「これだけの友達に囲まれている自分」ということで、自分の存在意義みたいなものを確かめていたのかもしれません。学生時代は10人以上の仲良しグループの中に属し、何をするにもみんなでわいわい一緒にしてきました。それは卒業後も変わらず、就職をしてからもかなりの頻度で集まって食事会などをして遊んできました。

しかし、25歳ぐらいから周りはどんどんと結婚をし、出産をしてママとなりました。
ママとなってからはやはり会話の内容も変わってきます。一方で、私は晩婚で、結婚をしたのは35歳を過ぎてから。出産は37歳と友達多くから10年以上後となりました。

そういった背景もあり、いつしか仲良しグループの集まりに私が呼ばれないことも増えてきました。みんなはFacebookなどで頻繁に子どもの様子を公開しあっているようですが、私は教えてもらっておらず、とても疎外感を感じてしまいます。今ではこのグループとの付き合いは、年に1回食事をする機会があるかどうかです。もちろん私以外のみんなは個々で頻繁に子どもを交えて遊んでいるようです。

子どもの年齢が違うなど、取り巻く環境が変わってしまったら、このように疎遠になることは仕方ないのでしょうか。本当の友達ではなかったのかな?など虚無感に襲われるほどです。

そんな私にも今でも1人マメに連絡を取ってくれる友人がいます。本当にありがたいのですが、彼女は同学年で未婚です。それはそれで話が合わないと感じてしまいます。育児に追われてテレビなどを観る余裕もない状態なので、正直流行の話題にも全くついていけません。心なしか、この友人も以前と比べると一緒にいても楽しくなさそうに感じます。

本当は、昔からの友人を大切にしたいと思っています。環境が変わってしまっても、うまく友達付き合いができるコツがあれば知りたいです。

互いのライフスタイルを尊重してみましょう


ライフスタイルの変化と共に、友人とも疎遠になってしまうことはよくあることですが、やはり寂しいことですよね。それでも、昔からの友人を大切にしたいという思いがある相談者様は素敵だと思います。

ライフスタイルの違う人と、仲良く過ごすためのコツには2つあります。

1つ目は「相手のライフスタイルを否定しない」こと。例えば「結婚した方がいいよ」や「独身なんてもったいない」という言葉を投げかけることです。ついついやってしまいがちですが「あなたは仕事で活躍してていいね」や「私は子育ての経験がないから」などの、自分を卑下するようなネガティブな言葉も控えるといいでしょう。

2つ目は「自分のライフスタイルを自慢しない」こと。幸せだとその話を友人にもしたくなりますが、ぐっと堪えましょう。また、この自分のライフスタイルの自慢は、先述した相手のライフスタイルの否定にも繋がりやすくなります。

このコツを意識しながら、昔の友人と会って話をしてみてください。共通の話がないなら、共通の話題が作れる場所に出かけてみるのもいいかもしれません。また、子供がいる友人には子供の年齢が近くなくても「先に育児を経験した先輩」としてアドバイスを聞くことができます。そこから、再び友情を築くことができるかもしれません。諦めずに、昔の友人を大切にしてみてくださいね。

■専門家プロフィール

園田未来

人間関係のトラブル、仕事関連のお悩み等、 人間関係に関する相談が得意。 他にも「うつ」などの精神病についても知見があります。気持ちの切り替え方や、楽しく生きる考え方についてお伝えします。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)