離乳食スタート! 簡単なおかゆの作り方/バランスのよい手作り離乳食(4)

#食   
簡単なおかゆの作り方

『365日マネするだけ離乳食 離乳食はこの1冊でまるごと解決!』 4回【全11回】


子どもの成長に大切な離乳食。でも、何をどのようにあげたらいいかわからない…。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。

離乳食アプリ人気No.1「手作り離乳食」からのレシピを、離乳食教室を多数開催している中村美穂先生が解説。約1年間続く離乳食を進める上で、役立つ情報をお届けします!

※本記事は手作り離乳食 by ninaru(著)、中村美穂(監修)の書籍『365日マネするだけ離乳食 離乳食はこの1冊でまるごと解決!』から一部抜粋・編集しました

〈初期〉5、6カ月ごろ(前半)1回食

離乳食Start!

10倍がゆ 小さじ1

作り方

◆材料(作りやすい分量/大さじ約12杯分)
炊いたご飯…40g
水…250ml

◆作り方
1 ご飯と水を火にかける
小鍋にご飯と水を入れて強火にかけ、煮立ったら弱火にしてフタをして15~20分ほど加熱する。焦げつかないよう、ときどき底からかき混ぜる。

ご飯と水を火にかける


2 蒸らす
ふっくらしたら火を止め、フタをして15~20分ほど蒸らす。

蒸らす


3 裏ごしする
粗熱がとれたら、全体を裏ごしする。

裏ごしする


簡単なおかゆの作り方(米からおかゆを作る)

炊飯器で作る

1 作りたいおかゆに合わせて、下の表の容量比で米と水を準備します。米を洗い、水気を切って水とともに内釜に入れます。

作りたいおかゆに合わせて、下の表の容量比で米と水を準備します


水加減の早見表

米から炊飯器・鍋で作るときの米と水の分量比です。

水加減の早見表


2 できれば20分ほど浸水させ、おかゆモードで炊きます。軟飯の場合は炊飯モードです。

できれば20分ほど浸水させ、おかゆモードで炊きます


3 炊き上がったら保温をせず、スイッチを切って20分ほど蒸らします。

炊き上がったら保温をせず、スイッチを切って30分ほど蒸らします


5倍がゆをマスターすれば全期のおかゆが作れる!

5倍がゆは「炊いたご飯:水=1:2」の容量比で作りやすく、一度作り方をマスターすれば全期を通してすべてのおかゆのベースにできます。

◆材料(後期の約6回分)
炊いたご飯…160g(200ml)
水…400ml

◆作り方
1 小鍋にご飯と水を入れ混ぜて強火にかけ、煮立ったら弱火にしてフタをして20分ほど加熱する。焦げつかないよう、ときどき底からかき混ぜる。

2 ふっくらしたら火を止め、フタをして30分ほど蒸らす。

・10倍がゆにするには

5倍がゆ大さじ1をすりつぶし、湯大さじ1程度を加えてのばす。

・7倍がゆにするには

5倍がゆ大さじ2に対して湯大さじ1程度を加えてのばす。

・軟飯にするには

5倍がゆ大さじ2に対して大人用のご飯大さじ3を混ぜる。

※本記事の内容は厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」に沿って制作していますが、赤ちゃんは成長・発達の個人差が大きく、消化機能やその時の体調によっても状態が変わりますので、進め方や量、形態はあくまで目安とお考えください。離乳食について、心配を感じる時は必ずかかりつけ医に相談し、赤ちゃんの様子を見て無理なく進めてください。

※赤ちゃんが食物アレルギーの診断を受けている、または疑いのある場合は必ず医師と相談の上進めてください。


著=手作り離乳食 by ninaru、監修=中村美穂/『365日マネするだけ離乳食 離乳食はこの1冊でまるごと解決!』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //