じつはとっても高スキルな「自炊力」料理初心者は「ごはんを炊ければ十分」なんです!/料理は妻の仕事ですか?(7)

#趣味   
生きるチカラもアップします!!

『料理は妻の仕事ですか?』7話【全10話】


年々共働き世帯が増えるにつれて、家庭内での役割分担にも注目が集まっています。朝夕は母親業と主婦業に追われ、日中はめいっぱい仕事に打ち込む。私のスキマ時間はどこに…?と、毎日フル稼働の方も多いのではないでしょうか。
なかでも毎日の食事作りは欠かすことのできないもの。買い出し、メニュー決め、調理、片付けなど、一連の流れを繰り返すのは本当に大変ですよね。家庭の料理=母親の役目という固定観念はなかなか根強いものがあります。

イラストレーターのアベナオミさんは、中1の長男、小1の次男、年少の長女の3児のママ。毎日仕事に追われながら休む間もなく家族5人分のごはん作りを続けています。家族それぞれ食の好みも分かれていて、食事はつねに肉と魚両方のメインおかずが必須。体調を崩しても料理を代わってくれる人がいない。そんな切実な悩みに直面していました。

アベさんと働くママ仲間とのオンライン打ち合わせでは「毎日の料理が負担」「夫が料理できない不安」という話題で持ちきりに。フードライターの白央さんに相談したところ「自炊ができない、したくない=ダメと決めつけるものではない」という白央さんの言葉に安堵します。その一方で、家族みんなが「自炊力」を持つことの大切さ、そのスキルを身につける難しさにも気付かされます。普段アベさんたちがこなしている食事作りも、相当な労力を費やしていることがわかって…。

※本記事はアベナオミ著、白央 篤司監修の書籍『料理は妻の仕事ですか?』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)