男性の本音が知りたい!でもなかなか訊き出せない・・・そんな時にふっと触れただけで心にしみる言葉が話題になっています。

女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(1/10)  
女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(3/10)  
女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(6/10)  

これらの言葉が綴られているのは『いつか別れる。でもそれは今日ではない』というエッセイ本です。大人のための恋の向き合い方や自分との付き合い方の秘訣、人間関係のさばき方などを著者独自の視点でときに冷たく、ときに鋭く、ときに優しく、ときに大胆に語られています。

これは友達には秘密にしておきたい本!?

女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(15/10)  
女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(19/10)  
女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(24/10)  
女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(30/10)  
女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(37/10)  

マンガ以外の本を買ったなんて何年ぶりだろう、本を自分で買ったのははじめてかもしれない、といったコメントが出てくるほど、さまざまな人が手に取っています。


共感する本でもあり、共感できない本でもある。

彼氏に読ませたくない本なのに、彼氏に読ませたい本でもある。


読むとそんな正反対の感想が生まれてしまう不思議な感覚が味わえます。好き嫌いがはっきり分かれるかもしれません。でもその分刺さる人にはとことん刺さる。刺さらなくても、世の中にはこういう考えの人がいて、このような思考に共感する人も多いんだな…ということを知ることは、間違いなく今後の人生に有意義。

いったいどんな本なのだろう? そう思われた方はぜひご自分の目で確かめてみてください。

女性たちがこっそり夢中になる「現実的、なのに途方もなくロマンチック」な世界とは? 画像(47/10)