乾物の行方不明や二重買いを解消するスペシャル収納術 画像(1/5) スライドバーの両端をボックスに引っ掛けて、つるし収納

買い過ぎ&詰め込んでしまう乾物類。思いきって処分&整理したのはいいけれど、どうやって収納したら…? そこで、人気インスタグラマーのおさよさんにスペシャル収納術を教えてもらいました!

 

おさよさんのスペシャル収納術


在庫を増やし過ぎないため、収納方法の見直しも大事。「詰め込み過ぎず、見渡せること」がモットーの一工夫です。


【これを使おう】


乾物の行方不明や二重買いを解消するスペシャル収納術 画像(4/5) ニトリの収納ボックス

乾物の行方不明や二重買いを解消するスペシャル収納術 画像(8/5) LIHIT LAB.のスライドバー

用意するのは、ニトリの収納ボックスと、書類を挟むLIHIT LAB.のスライドバー。

 

【開封したものは保存袋に入れる】


乾物の行方不明や二重買いを解消するスペシャル収納術 画像(13/5) 開封したものは1種類ずつ保存袋へ

開封してある乾物は、すべて1種ずつ保存袋に入れて封を閉めます。未開封の乾物はそのままでOK。

 

【保存袋をスライドバーで挟む】


乾物の行方不明や二重買いを解消するスペシャル収納術 画像(15/5) 【写真を見る】保存袋と意外なアイテムを組み合わせます

保存袋の封の端からスライドバーを通して。未開封のものは、袋の口に直接スライドバーを通しましょう。

 

【収納ボックスにスライドバーを引っ掛ける】


スライドバーの両端をボックスに掛け、乾物をつるします。袋が埋もれず、期限切れや二重買いを防止。


なんと! 書類用のスライドバーがこんなところで役立つとは!! さすが、おさよさん。目のつけどころが違います。「保存袋には入れてるけど、それごと行方不明になっちゃう」という人は、ぜひこの方法を試してみて。