競技玉入れの高さが「4.12メートル」になったワケは?/誰かに話したくなる!雑学クイズ

#趣味 
競技玉入れの高さが「4.12メートル」になったワケは?


砂糖には賞味期限がない?「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いは?

日々の暮らしの中でとくに疑問に思わずやり過ごしていることも、「なぜ?」と思い始めると実はよくわかっていないことってけっこうありますよね。知っておくとついつい誰かに話したくなる雑学を、クイズ形式で学んでいきましょう!

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

【問い】 運動会の定番競技でもある競技玉入れの高さが「4.12メートル」になったワケは?

〇全日本玉入れ選手権の初開催されたときの高さがそうだったから

〇全日本玉入れ選手権の初開催地のこれまでの最低気温がマイナス41.2度だったから

〇全日本玉入れ選手権の初開催地のこれまでの最高気温が41.2度だったから

〇老若男女が投げやすい高さを計算した結果から

答えはこの下↓



























【答え】全日本玉入れ選手権の初開催地のこれまでの最低気温がマイナス41.2度だったから

【解説】

「玉入れ」は運動会の定番競技の一つだが、1996(平成8)年、全日本玉入れ協会によって独自のルールが定められたことで、スピード感あふれる「アジャタ」として生まれ変わった。試合は100個の玉を入れるタイムトライアルで競われる。

アジャタバスケットと呼ばれるカゴの高さは4メートル12センチ、直径44センチ。これは、1990(平成2)年に全日本玉入れ選手権が初開催された北海道和寒町でこれまでに記録された最低気温マイナス41・2度と、和寒町が位置する北緯44度に由来している。

著=雑学総研

この記事に共感したら

Information

『誰かに話したくなる!雑学クイズ』▶掲載話一覧はこちら

『大人の博識雑学1000』
思わず誰かに話したくなる「雑学ウンチク」を一挙1000本収録! 「大人の会話」や「大人の雑談」に必ず役立つはずの、社会・文化・歴史・自然科学・生活・スポーツなど幅広いジャンルのネタがまとめて楽しめる“大人必携"の一冊です!

▼amazon▼

▼amazon Kindle版▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子版▼




おすすめ読みもの(PR)