長財布の機能を兼ね備えたミニサイズトートでお出かけが軽やかに 画像(1/5) 長財布の機能がばっちり詰まったコンパクトトートバッグ「ルーキャレット」全6色

鍵にお財布にスマートフォン、タオルや口紅。女性はどんなにコンパクトにしようとしても荷物が多くなってしまいがち。かと言って、ちょっとした買い物には大きなバッグは持ちたくない! そんな女性の願いを叶えるトートバッグをご紹介しよう。

トートバッグを研究し続けている”ROOTOTE(ルートート) ”は、株式会社スーパープランニングが展開しているトートバッグの専門ブランドだ。「楽しいおでかけ」をコンセプトに作られたバッグは、機能性はもちろんデザインも素敵なものばかり。そんなROOTOTEから、2016年12月9日よりNEWアイテムとしてミニサイズトートバッグ「ルーキャレット」が発売となる。

ルーキャレットは、ブラック・ベージュ・レッド・ネイビー・シルバー・ゴールドの全6色 7800円(税抜)。W21×H12×D3cmのとてもコンパクトなトートバッグ。120cmの肩掛けひもがついているのでミニショルダーとして使うのがおすすめだ。

合皮で作られたバッグは汚れにも強い。驚きなのがこのコンパクトな見た目からは想像もつかない収納力。カンガルーのお腹のような外側のポケットが1カ所と、内側に11カ所。全部で12つものポケットが付いているのだ。

バッグと長財布がコラボレーションしたようなデザインで、お札入れ、小銭入れ、カード入れとお財布の機能は全て詰まっている。内側にはキーリングが、背面にはICカードが入るポケットが付いているため近所のおでかけにピッタリ! スマホもスッと収納できる大きなポケットもある。

寒くなるシーズンも、ぱっと手に取るだけですぐにお出かけできちゃうルーキャレットを持って、お散歩はいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】