美容の達人に教わる「半身浴&角質ケア法」

寒さが増してくると、肌の調子が気になります。特に“冷え”は美肌の大敵! そこで、美容の達人・小西さやかさんがふだんから実行している美肌キープ法を教えてもらいました。

【ぬるめのお湯で半身浴】

時間があるときは、38℃くらいのぬるめの湯でゆっくりと入浴。「肩までつからず、湯は腰までにして半身浴に。しっかりと汗が出てくるまで続けます。毛穴につまった汚れが落ち、代謝も高まって肌のコンディションがよくなります」。

【ボディソープ+塩で角質ケア】

半身浴後は汚れや古い皮膚組織も落ちやすくなっているので、角質ケアを。ボディソープに塩を少し混ぜ、やさしく洗います。

肌はもちろん、血行がよくなって代謝アップした体はやせやすいというメリットも!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】