ランキング発表!外国人に人気の日本のホテルと旅館2016

このところ、観光地だけでなく、街中でも外国人観光客の姿を多くみかけるようになりましたね。毎年恒例になっている外国人に人気の宿泊施設のランキング。生活習慣も文化も異なる外国の人たちは、はたして今年はどんな宿を選んだのでしょう?

トリップアドバイザーは2015年の10月から2016年9月までの1年間で、外国語で寄せられた口コミをもとに、「外国人に人気の日本のホテルと旅館2016」上位20位を発表しました。

それによると、ホテル部門の第1位は、昨年に引き続いて2年連続の栄誉に輝いた「コンラッド東京」。施設もサービスも素敵なファーストクラスのホテルとして、高い評価を集めました。その内観の美しさや、スタッフによる細かい気遣いと思いやりあふれるおもてなしに、外国人からも感動の声が寄せられています。

第2位は、昨年の6位から順位を上げた「インターコンチネンタルホテル大阪」。第3位は昨年4位の「パークハイアット 東京」という結果になっています。

一方、旅館部門の第1位は、3年連続で京都の「料理旅館 白梅」が獲得。旅館の隅々にまで感じられる日本の伝統的な雰囲気やスタッフのおもてなしが、多くの外国人宿泊客から絶賛されています。第2位は、初登場でいきなりトップ3にランクインした、京都らしい風情あふれる老舗「柊家」。第3位は、家族のようなアットホームなおもてなしが人気の谷中にある「澤の屋旅館」でした。

ホテルのランキングでは、施設の美しさやおもてなしの心を称賛する声が多く寄せられ、おなじみのそうそうたる顔ぶれが並んでいます。一方旅館の方はバラエティーに豊かで、いわゆる高級旅館でなくとも、日本らしさを楽しめる宿が人気のようです。

日本人の視点とは一味違ったランキングになっているので、今まで気が付かなかった宿の魅力も発見できそうですね。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】