洗うたびにふっくら! 長く使える「育てるタオル」が地味にすごい

タオルは使う度に硬くなって、洗う度にゴワゴワになってしまう。皆さん、そんな風に思い込んでいませんか? もしも、洗うたびにふっくらしていくタオルがあったとしたら……。今回は、そんな魔法のようなタオルをご紹介します!

株式会社英瑞は、「育てるタオル」のポップアップショップを、1月25日〜2月14日の期間限定で伊勢丹新宿本館5階タオル売場に出店します。「育てるタオル」とは、抜群の吸水性と乾きやすさ、洗うたびに増すふっくら感が特徴の不思議なタオルです。

「育てるタオル」に使用している糸は、世界7カ国で特許取得された撚糸「スポンジーコットン100」。タオルを洗うたびに、このハイテク糸の隙間にたっぷり空気を含み、「ふっくらタオル」が育っていくのです。2013年の登場以来、徐々に話題となった商品で、通常は本館6階Baby&Kids売り場にて販売しています。

今回、ポップアップショップで取り扱う限定商品は、育てるタオル・イエローリボンシリーズ「ハーフハンカチセット(プチパン柄)」。2つ折りのコンパクトサイズで、バッグに入れても軽くてかさばらず、女性の携帯用にもピッタリのハンドタオルです。ハーフサイズではありますが、吸水力は抜群。毎日使う消耗品なので、洗うたびにふっくらしていく様子も実感できるはず!

ハーフハンカチ3種類(アッシュ、ネージュ、フォグブルー)が可愛い卵パックに入ったセット商品なので、贈り物にもおすすめ。

価格は2300円(税抜)と、贈る相手に気を遣わせない価格帯でありながら、ギフトとしての特別感も兼ね備えています。

長持ち「育てるタオル」は、長くお付き合いしたい大切な人に贈ってみてはいかがですか。ふっくらタオルを使う度に、あなたを思い起こしてくれるかもしれませんよ。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】