転院先がやっと見つかった!もう用無しだと思ってた、先生からのお話は…/腸よ鼻よ(7)

#くらし 
君さえ良ければどうだい

『腸よ鼻よ』7話【全8話】


沖縄で漫画家を夢見ていた少女・島袋全優さん。
原稿とバイトに明け暮れる学生生活を送っていたけれど、いつしかトイレに行くたび便器が血まみれに!はじめは腸炎と診断されるものの、入院治療でも一向に容態は回復しません。改めて検査を受けてみると実は腸炎ではなく、1万人に1人の難病で……!?
漫画家になってからも続く闘病生活の実体験をもとに、壮絶な症状を明るく描く奇跡のギャグコミックエッセイ『腸よ鼻よ』から、「転院先がやっと見つかった!もう用無しだと思ってた、先生からのお話は…」をお届けします。
入退院を繰り返しながらも難病を明るく笑い飛ばすエピソードは、読む人に元気を与え、健康の大切さを教えてくれます!

※本作品は島袋全優著の書籍『腸よ鼻よ』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //