「やりたいことリスト」でお金を使う優先順位を決める/節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄(8)

#くらし 
リストを作って一番最初にやりたいこととしてあげたのが「本を出す」

『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』8回【全8回】


元浪費家の著者が教える、 多忙でもできる節約&貯蓄TIPS!

浪費癖があり、家事に仕事に大忙しだった著者・時短節約家のくぅちゃん。Instagramでも大人気の彼女による、皆が忙しい今だからこそラクして貯められる&だから誰でもできる&続けられる、暮らしの節約・貯蓄ポイントが満載なお役立ち本が『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』です。

本書には育ち盛りの2人の子を持つママならではの、食費や子どもにかかるお金の工夫も満載! ムリなく1000万円貯められた秘密とは? きっと真似できる節約主婦のテクニックをご紹介します。

※本記事はくぅちゃん著の書籍『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』から一部抜粋・編集しました


「やりたいことリスト」でお金を使う優先順位を決める

今から3年くらい前のこと、雑誌で自分がやりたいことを100個書き出して、暮らしに対するモチベーションを高めている人のことを知りました。

「面白そう!」と早速、自分もトライしてみましたが、一度に100個はなかなか思いつきません。そこでいっぺんに100個書き出さなくても、思いついたものをその都度、書きとめようと「やりたいことリスト」用のノートを作りました。

やりたいことをリストにしてみると、優先すべきことが見えてきます。頭の中で漠然と考えているだけだと、目先のことや思いついたことからやってしまいがちですが、リストにすると、やりたいこと同士を比較して、どれが自分にとって大事なのか、気持ちの整理ができます。

【画像を見る】「活き金」とは、こういう使い方なんだと実感


やりたいことの中には「〇〇に行きたい」とか「〇〇を買う」など、お金がかかることもありますが、自分が本当にやりたいことがわかれば、それを実現するために優先的にお金を使うことができます。同じ金額を使っても、優先順位の高いことに使うと満足度が高い。「活き金」とは、こういう使い方なんだと実感しました。

著=くぅちゃん/『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //