怒ってたことも忘れちゃう!? フット後藤が披露した“不機嫌な妻への対応”が秀逸すぎる
夫の努力は大切!

女性は機嫌が悪いとき、夫や彼氏の振る舞い次第で機嫌が直ったり、逆に気持ちを逆なでされたりするもの。機嫌を直すのは難しいものですが、男性の中には上手く機嫌を取った上で、さらに女心をくすぐる振る舞いをする人もいるようです。


■怒りからのイチャイチャで思わず笑顔!

6月2日に放送されたバラエティ番組「金曜 ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)では、男性お笑い芸人たちが自分の考える“女性が喜ぶ行動”をシチュエーション別に実演し、一般女性に判定してもらう「いい男か検定」を実施。その中で“不機嫌な妻にどう対応する?”というお題が与えられました。番組では、妻が不機嫌な時にやってはいけない夫の対応TOP3を紹介したのですが、3位が「無理やり触る」、2位は「無視」、そして1位が「逆ギレ」という結果に。

出演者はこの結果を知らずに挑戦するのですが、フットボールアワー・後藤輝基の実演には好評の声が続出しました。後藤は、不機嫌な表情で椅子に座っている妻役・千秋のもとに来ると、「出かけるって言ってたけど行った?」と話しかけます。しかし千秋はムッツリと押し黙ったまま。すると「え、ムシすんの?」と驚きを見せ、「そっちがその態度なら俺もムシしよう! 俺もムシするからね!」と千秋の近くをウロウロしながらキレ気味に言い募ります。

これは“やってはいけない行動”の「逆ギレ」と「無視」にあたるもの。このままでは妻の機嫌をさらに損ねてしまうところですが、後藤はここで「いくよ」と掛け声をかけ、「ひっつきムシ」と言いながら千秋の背中に身体をひっつけました。これには千秋も思わず笑顔になり、「怒りからイチャイチャになるのがイイ」と評価。タブーをおかしながらも最終的には笑顔にしてしまうという高等テクニックを披露し、一般女性50人のうち34人から「良い」という評価を受けることに。

これにはネット上でも「ひっつき虫って言いながらくっつくの、めっちゃ可愛くて悶えた!」「あんなのされたら笑っちゃうでしょ」「キレ気味からのひっつき虫は卑怯だよ」と絶賛の声が相次ぎました。


■「夫婦でいてくれてありがとう」視聴者のハートを震わせたメッセージ

また、番組では「妻の誕生日に渡す花束」というお題も出題。ここで力を発揮したのは、アンタッチャブルの山崎弘也。山崎はピンク色のシャクヤクやミニガーベラなどで作られたカゴ型の花束を妻役の女性に渡し、「誕生日だよね。おめでとう」とにこやかに伝えます。

その後、妻が花束に入れられていたカードを読み上げたのですが、内容は「5年も僕と夫婦でいてくれてありがとう。これから10年、20年よろしく!! お誕生日おめでとう」と、シンプルながら心のこもったもの。これには視聴者からも「スマートですごく良い」「ザキヤマのメッセージキュンとした」といった声が。審査する一般女性の評価も50人中43人が「良い」と答え、かなりの高得点でした。

メッセージつき花束のプレゼントを喜ぶ女性は多いようで、ネット上でも「母の日にお花屋さんが夫からの花束を届けてくれた! メッセージつきで思わず泣いてしまった」「誕生日に旦那に貰った花束にカードが入っててビックリ。感謝の言葉なんて普段聞かないから嬉しかった」といった声が。


ただ、花束につけるカードは何でもいいわけではありません。番組で三四郎・小宮浩信はメッセージカードに「君に幸あれ!!」とシンプル過ぎる言葉を綴っていたのですが、視聴者からは「雑!」「気持ちが感じられない」と不評の声が。カードに載せる言葉はしっかり考えた方が良さそうです。