カロリー控えめ、でも食べごたえバッチリ。レンジ専用リゾットを【作ってみた】

ひとり晩酌にぴったりな、冷蔵おかず「至福の一皿」(マルハニチロ)シリーズにすっかりハマってしまいました。何と言っても「少量」なのが、ぜい肉が気になる中年にぴったり! しかもジャンクとはほど遠い、ていねいな味つけ。


今回は、深夜に仕事がようやく片付き少しだけ飲みたいな~小腹が空いたな~というときに「トマトの玄米リゾット」が活躍しました。パッケージには「国産玄米をアルデンテのような触感に炊きあげました」とあり、それだけでおうちごはんにはない期待度が跳ね上がる! こんなの絶対、白ワインに合わないわけがない。


調理法は電子レンジで温めるだけなので特筆すべきことがなく、手軽で何より。リゾットの量は1食165gとのこと。大皿のコメ料理の代表格であるカレーの場合は、ココイチ(カレー専門チェーン店)なら普通盛り300g設定であることを考えると約半量程度という感じ。ごはん茶碗は一般的に140gだから、リゾットの水分や具を考えると米の量はだいたい同等と思ってよだそうだ。


500wの電子レンジで2分40秒、トマトのいい香りがほわーん。容器のフィルムをはがすと平らなお米がぺっちゃりしているのでイマイチテンションが上がらないが、器に移してチーズを振り掛ければこのとおり(写真ご参照)。ちょっとしたビストロ気分ではありませんか。


アルデンテのような食感にと謳われた玄米は、かなりかみごたえしっかり。だから満腹感はバッチリ。トマトはフレッシュな風味だけど、バルめざんちーずのコクが相まって奥行きのある味わいだ。1食165Kcal と夜中のおつまみとしても許容範囲なので、スペック的にも味わい的にも気持ちは大満足。家飲みにハマってしまいそうな、玄米リゾットでありました。


文=スモモスキー