冷凍チャーハン+メープルシロップでお店の味に!? サイゲン大介の「ちょい足し」テクで【作ってみた】 画像(1/3) メープルシロップ入りのチャーハン。見た目には、大きな変化なし

「レトルト食品をお店の味に変える裏ワザ」があるという。そんな素晴らしいものが存在してよいのでしょうか。

 

冷凍チャーハン+メープルシロップでお店の味に!? サイゲン大介の「ちょい足し」テクで【作ってみた】 画像(3/3) 【写真を見る】これまでの我が家のキッチンでは、絶対に出会うことのない異素材たち

今回は昨年の「得する人損する人」(日本テレビ系)で紹介された「冷凍チャーハンにメイプルシロップを加える」というワザを検証! 番組では、冷凍チャーハン450gの袋にメープルシロップ大さじ1を加え、レンチンすると紹介されていたそう。加熱されることでシロップが焦げ、プロが作ったような香ばしさを再現できるという。

 

冷凍チャーハン+メープルシロップでお店の味に!? サイゲン大介の「ちょい足し」テクで【作ってみた】 画像(6/3) 冷凍状態のチャーハンへ、メープルシロップをイン!

たまたま売っていたチャーハンは、1袋400g。ということで、大さじ1弱のメープルシロップをイン! もちろん、こんなことをするのは、生まれて初めてです(ドキドキ)。メープルシロップを袋に加えて、いざシャカフリ! お次は器へ移し、電子レンジ(500w)で8分加熱。

すると出来栄えは……、あたりまえだけど、「あ・ま・い」!! でも、「香ばしさ」が高まるというのは、なるほど納得。このほか「レトルトカレーにしょうゆドレッシング」などのテクもあり(こちらはコクが深くなる)、双方ともに「ちょい足し素材が悪目立ちせず、絶妙になじみながらインパクトのある味」になるという印象でした。

特にチャーハンのほうは、たまたま購入したのが八角をきかせた味付けだったので、シロップの甘い香りと相性がよかった。


「夕飯はレトルトかよ!」なんて夫が文句を言い出したら、こんなテクで意表をついてみるてもいいかもしれない。


文=スモモスキー