魔界のつまみ「ベーコン×チョコ」の、ヤバすぎる魅力 画像(1/1) チョコは「うす~く」塗ったほうが、パリッと感が引き立ち美味しい

これはヤバい! 


「肉×チョコ」というメニューが海外にあるとはじめて聞いたときは、「ほんっとあちらの人たちって、カロリーあるもの好きだよねえぇ~」なんて鼻で笑っていたのに。ところが「ベーコンチョコ」と検索すれば「ねとめし」としてあちこちで作られているようだし、ニッカウヰスキーの公式Twitterでも紹介されていたなんて話も。え!? アリなの!? そんな驚きとともに、めっちゃ恐る恐る試してみたのです。


作り方は料理と呼べないレベルに簡単で、カリカリに焼いたベーコンを冷まし、表面に湯煎したチョコを塗って冷凍庫へイン。3~5分もすれば出来上がりという手軽さだ。


パリパリに固まったそれを口に入れてみると…口の中の体温でチョコがすっと溶けて甘みが広がり、その後にしょっぱいサクサクのベーコン。う・わー!! たまらん!! 昼間、アイスコーヒーと一緒に試食してみたのに、止まらず3本を一気食い。これはウィスキーや赤ワインとあわせたら、異界へ旅立ちそうなほど美味いに違いない。歯止めが利かなくなるのが目に見えていて、恐ろしくて「つまみ」としては、なかなか食すことができない、爆美味スイーツでありました。ものすごく頑張った日の、ご褒美的なつまみにしようかしら。これで太るなら、もう本望かも~。


文=スモモスキー