可愛いキャラ弁をつくるならこのハッシュタグで決まり! インスタグラムで使える流行のキャラ弁タグ

可愛いキャラ弁をつくったら、インスタグラムなどでシェアしたいもの。逆に、SNSで素敵なキャラ弁を見つけて真似してみるのもいいですよね。そこで、今回はインスタグラムでの投稿や検索に使えるハッシュタグを紹介します。

■キャラ弁入門やメニュー決めにも役立つハッシュタグ

キャラ弁と聞くと、「ちょっと難しそう」というイメージを持つ人も多いはず。そんな時に参考にしたいのが「#顔弁」というハッシュタグ。ご飯にのせた梅干しを鼻に、海苔を切って目と口に見立てるといったように、特定のキャラクターというよりは食材で顔を表現した写真が多いため、簡単に真似することができそうです。

中には、ピカチュウの顔などちょっと難しそうな投稿もありますが、キャラクターの全身ではなく顔だけにフォーカスしているのでキャラ弁入門にはぴったりです。

子どもがどんなキャラ弁が好きか分からない… という時に役立ちそうなのが、「#息子弁当」「#娘弁当」というハッシュタグ。男の子や女の子向けのキャラクターを探す事が出来るのはもちろん、「#息子弁当」ならがっつりお肉の弁当が出てきたり、中高生のお弁当の参考になりそうなものも検索することができます。

もちろん「#キャラ弁」「#キャラ弁部」などでキャラ弁を検索することもできるのですが、普通のキャラ弁にはもう飽きてしまった人には「#デコ弁」というタグがおススメ。海苔を切ってメッセージを添えたものも沢山あるので、卒業・入学シーズンにもぴったりです。

■かんたんおにぎりタグに最新キャラ弁も

そんなに時間はかけたくないけど、見た目は可愛いお弁当を持たせてあげたい時には、おにぎり関連のハッシュタグも便利。「♯顔おにぎり」というタグでは、顔弁のように顔のついたおにぎりを検索することができ、さらに「♯脱力系おにぎり」というタグで探してみると、キャラ弁を卒業した子どもや大人でも楽しめそうなシュールなおにぎりを見つけることができます。

そして最近流行なのが「♯ちくわ鳥」。ちくわの穴にコーンやグリンピースを2つ詰めることでくちばしに見立てて、その上にごまで目を、ケチャップで真っ赤なほっぺたをつければ可愛いちくわ鳥が完成。「ちくわ鳥可愛すぎる! ちくわを見直すレベル!」とSNSでも大好評です。

他にも、たこさんウインナーの発展形「♯ウインナー星人」や、ちくわとウインナーを合わせた「♯ちくわ星人」など、キャラ弁はどんどん進化しているよう。ちなみに、キャラ弁初心者だけどSNSに投稿してみたいという人は「♯弁当初心者」「♯キャラ弁初心者」というタグも盛り上がっているようなので、ここから始めてみるといいかもしれません。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】