内ももを引き締め外ももをスッキリさせる「スーパーワイドスクワット」/脚からやせる神トレ(10)

#美容・健康 
内もものたるみを減らし、引きしめる

『予約のとれない女性専門トレーナーが教える 脚からやせる神トレ』10回【全15回】


ボディラインが気になる季節。ダイエットを始めた、という人も多いかもしれません。

特に脚は細くなりにくく、体重は減ったのに脚は変わらない、筋トレを頑張ったらかえって太くなった、なんてことも…。

そんな脚やせの悩みに寄り添ったレッスンで、なかなか予約が取れない人気トレーナーの石本哲郎さんは、「脚やせに間違った思い込みを持っている女性がたくさんいる」と言います。

大切なのは正しい筋トレフォームと知識。美脚をつくるルールやきたえるべき筋肉など、石本さんが教える女性の脚やせに必要な知識を紹介します。本気で脚やせを目指すなら、トレーニングを始める前に覚えておきたい事ばかりです。

※本記事は石本哲郎著の書籍『予約のとれない女性専門トレーナーが教える 脚からやせる神トレ』から一部抜粋・編集しました


<1セット 20回>
スーパーワイドスクワット

スーパーワイドスクワット


正しいフォームを動画でcheck!



どんな効果?

1.内もものたるみを減らし、引きしめる
内ももの筋肉は日常生活であまり使われないため、たるんでいることが多いもの。「神トレ」で内ももの筋肉を増やし、たるみをとることで、キュッと引きしまって見えるようになります。

2.外もものハリが改善する
内ももの筋肉が弱いと、歩行時などに自然と外ももに頼って生活してしまいます。内ももを効果的にきたえることで、外もものハリが減り、まっすぐスッキリとした脚にかわっていきます。

外もものハリが改善する

・両手にダンベルをもち、前もものすれすれに腕を垂らす。
・つま先の角度は、横一直線~45度の間でやりやすい角度に。
・上半身は軽く前傾に。そり腰や猫背に気をつけまっすぐをキープする。
・膝は完全に伸ばしきらない。
・いちばんしゃがんだとき、膝の真下にかかとがくる足幅。

内もものたるみを減らし、引きしめる

・太ももが床と平行になるまでゆっくりしゃがみ、それ以上は下がらないようにする。
・しゃがんだときも上半身の角度は一定に。
・膝はつま先と同じ向きに。
・いちばん下で1秒止め、ゆっくりと上がってくる。

<自撮りでCheck!>
ちゃんとできてる?
スーパーワイドスクワット


正しいフォームを動画で解説!



ちゃんとできてる?スーパーワイドスクワット

いちばんしゃがんだポイントで、膝の真下にかかとがくるのが正しい足幅。深くしゃがめない人は浅めでOK。

深くしゃがめない人は浅めでOK


スタート


約2秒でしゃがむ

約2秒でしゃがむ。

いちばん下で1秒ストップ

いちばん下で1秒ストップ。

約2秒で上がる

約2秒で上がる。

膝を伸ばしきる手前で止める

膝を伸ばしきる手前で止める。

次ページ:スーパーワイドスクワットのNGポイント&改善法(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)