貼るだけで出来る簡単DIY! 話題の100均グッズ“リメイクシート”って一体何? 画像(1/2) 壁の余白を活かすことで広さを演出
壁の余白を活かすことで広さを演出

部屋の家具を自分で作ったり、ちょっとしたリフォームをするDIY(Do It Yourself)。新品の家具を買うよりも値段を安く抑えることもでき、男性女性問わず趣味としている人も少なくありません。100円均一ショップを上手に使うと、さらに安い費用で自宅を飾り立てることが可能ですよ。


■貼るだけで部屋をイメチェンできる便利グッズ

8月4日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、リメイクシートを使った“貼るだけDIY”が取り上げられました。リメイクシートとは、貼るだけで部屋の壁紙をがらりと変えることができる今話題のグッズ。番組ではリメイクシートを利用して、実際にじゅんいちダビッドソンの部屋をアレンジしています。

じゅんいちダビッドソンは、ダイニングを“アメリカンヴィンテージ風”に、そして洋室を“西海岸風”にして欲しいとリクエスト。彼の要望を叶えつつ、1万円の予算内で部屋をリメイクしていきました。登場したアイテムは、100円均一ショップ「Seria」のリメイクシート。レンガ柄やタイル柄など、21種類の柄からデザインを選べる汎用性の高いアイテムです。

番組では壁のヴィンテージ感を出すため、古い木材を並べたようなオールドウッド柄をチョイス。後は壁に貼っていくだけなのですが、リメイクシートの裏側は粘着力の弱いシール状になっているため、失敗してしまっても簡単に貼りなおすことが出来ます。

また圧迫感をなくすリメイクシートのテクニック、「抜け感作り」のコツも紹介されました。リメイクシートを壁全体に貼ると、圧迫感が出て部屋が狭い印象になりがち。そこでシートを好きなサイズにカットして壁の余白を残しながら貼ると、壁に「抜け感」が生まれ狭く感じにくい空間になるそうです。

結果的に、予算の半分の5,160円でプチリフォーム完了。値段を抑えながらも、かなり完成度の高い仕上がりに。部屋を見たじゅんいちダビッドソンはお馴染みの本田圭佑のモノマネで「Golazo!(素晴らしいゴール)」と喜びを露わにしていました。


■DIYに最適な100均グッズ

番組で紹介されたリメイクシート以外にも、100円均一ショップにはDIYのプチリフォームに便利なグッズがたくさんあります。中でもDIY愛好家の注目を集めているのは、地面に敷いて使う“すのこ”。


貼るだけで出来る簡単DIY! 話題の100均グッズ“リメイクシート”って一体何? 画像(3/2) 【写真】100均のすのこと木材で作った棚。グルーガンさえあれば5分以内で作れるそう
【写真】100均のすのこと木材で作った棚。グルーガンさえあれば5分以内で作れるそう

Instagram:koichina. (@na.2731)より


設置の仕方などを工夫することで、様々な“家具”に大変身します。例えば壁に立てかけると、ヴィンテージ感溢れる“ウォールディスプレイ”に。また分解して組み立てることで、木の質感を活かした“棚”などを作ることが可能です。

すのこをDIYの材料として使う人は多いようで「すのこを分解して靴箱つくった!」「CDラック作ってみたけどめっちゃおしゃれで良い感じ」「強度あるし結構良い“椅子”が作れる」と皆さん様々な使い方をしています。


また100円均一ショップには、水性ニスなどの塗装道具やカラーボックスなどの小物も売っており、応用すればかなり自由度の高いアレンジが可能。DIYを趣味としている人にとって、100円均一ショップは“聖地”と言っても過言ではないようです。