猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(1/10) まこつさん謹製「レタスクラブ」ハロウィーン特別号! 

数あるキャラ・デコ弁の中でも異色を放つ、話題の「企業弁当」をご存じですか? 今や、「日記として始めた」というお弁当の投稿用インスタグラムのフォロワー数が12万を超えるまこつさんが作るお弁当は、誰もが知っている商品のパッケージや企業のロゴをお弁当で再現。多くの人から「マネしたい!」「こんな弁当食べてみたい!」「見ているだけで楽しくなる!」などのコメントが寄せられ、キャラ弁やデコ弁に興味がなかった人からの反響も大きいといいます。

そんなまこつさんのお弁当をまとめた『愛と憎しみを込めた旦那への猟奇的弁当』(まこつ/KADOKAWA)が発売されました。「えっ!?これ弁当なの?」という驚きが詰まっています。 

そこで今回は、まつこさんにお弁当づくりについてお話を聞きました。


──3年間お弁当づくりを続けてきて、始める前と今と大きく変化したことはありますか?

まこつ:最初は主人を喜ばせたい一心でしたが、今ではそれプラス自分の楽しみでもあり、日々の生活のモチベーションをあげる大事な活力になっています。専業主婦になり、家事育児に専念するようになってから、なんだかいつもネガティブで変わらない毎日に心の疲れを感じていました。ですがSNSやメディアを通してたくさんの方々から嬉しいコメントなどもいただけるようになり、新たな自分の生き甲斐を見つけられたことで自信も生まれ、そんな心のゆとりからか主人に対しても以前より優しく接することができるようになりました。主人の方も、私のお弁当に対する思い入れが最近になってようやく伝わったのか、これまでまったくお弁当に関してノーリアクション&無関心でしたが、最近は時々お弁当の話をしてくれたり、褒めてくれるようになりました。


──企業のロゴやブランドなど、「次はあれを作ろう」というアイディアはどういった時に浮かぶのでしょうか。

まこつ:就寝前などぼーっとしている時ですね。あとは車の運転で信号待ちをしている時なども浮かびます。


──今回のラインナップで一番気に入っているお弁当を教えてください。

まこつ:あずきバー弁当。お赤飯をアイスの形にし、棒を刺してあずきバーに見立てたところと、パッケージの葦簀(よしず)をプリッツで表現した斬新さは、自分でも気に入っています。

猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(11/10) あずきバーのイメージに合わせて、純日本的な風情のおかずで統一感を出したお弁当。あずきアイス部分のお赤飯の中には、表面からは見えないようにごま塩が入っているという細やかさ。

──本書に掲載されたお弁当の中で、一番制作に時間がかかったものを教えてください。

まこつ:パインアメ弁当です。パーツが多かったので下書きなども含めて3時間近くかかりました。

猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(20/10) パインあめは薄焼き卵を丸型で抜き、ストローで穴をあけたもの。パッケージの白い編み編み部分の線は、なんと太さの違うそうめんと冷や麦を使い分けて立体感を再現!

──今回「レタスクラブ」のお弁当を作っていただきました。制作にあたり苦労されたことなどありましたら、教えてください。


まこつ:お弁当箱と「レタスクラブ」の表紙サイズの比率が違ったので、それを調整するのに苦労しました。それと、実際の「レタスクラブ」の表紙同様に、ページから料理写真を切り抜いたかのように見せる部分は難しく、ミニミニの料理パーツを作るところにはかなりの集中力を注ぎました。

猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(22/10) 「レタスクラブ」のロゴを切っているところ。食材は皮を「かつらむき」した赤ウインナー。
猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(25/10) 焼きのりの上にトレーシングペーパーを重ねてクリップで留め、カッティングボードの上で絵柄等を切り抜きます。
猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(30/10) 今回のハロウィン特別号の付録「かぼちゃトート」は、マッシュしたかぼちゃで作成。
猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(38/10) 実はご飯の下には写真のおかずが隠れています!
猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(42/10) 「レタスクラブ」の雑誌とお弁当箱の比率が違うので、その分はレタス(!)を敷き詰めて調整。
猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(48/10) ミニサイズの「ジャック・オ・ランタン」やおばけなど、かわいいモチーフを飾って。
猟奇的キャラ弁でフォロワー12万人のインスタグラマー・まこつさんインタビュー 画像(55/10) 細かい作業はピンセットを使って。

──お弁当について、「ここはこだわりどころ」「ここはゆずれない」といったところはありますか?

まこつ:見た目だけでなく、ちゃんとおいしく、おかずの品数にこだわり、彩りよく仕上げるようにしています。また肉・魚・卵・野菜・豆・果物などといった栄養バランスも考えています。それと夕飯の残り物や連日同じおかずを入れないことも心掛けています。特に卵については、栄養面と濃厚な黄身の色味にこだわり、少々高くても良いものを使うことにしています。他にもカニカマはここの企業のコレじゃないとダメ、チーズはコレ、レタスはこの店のコレ!など、食材によってメーカーや購入する店を使い分けています。



驚きとともにおいしさや健康も考慮されて作られたまこつさんの企業弁当。見るだけで楽しめるのはもちろん、今まで作ったことがない人も、ちょっと真似してみたくなりますよ。