甘めのつゆがおいしい♪ 肉だんごに小町麩と卵白を混ぜ込んだ「ふわふわ肉だんご鍋仕立て」 画像(1/2) 「ふわふわ肉だんご鍋仕立て」

日中は春の訪れを感じることも増えてきましたが、朝晩はまだまだ冷え込む日も。あたたかい鍋料理は、立春を過ぎた今もなお食卓に欠かせません。とはいえ、冬の間に何度も食べたメニューばかり並べていると飽きてしまいますよね。

今回は、「ふわふわ肉だんご鍋仕立て」を紹介しましょう。とりひき肉と小町麩、卵白で作るふんわり食感の肉だんごは、新感覚のおいしさ。みりんをきかせた甘めのつゆとよく合い、和食ならではのやさしい味を堪能できます。香りのよいにらやシャキシャキした長ねぎとともに、卵黄をからめて召し上がれ。

ふわふわ肉だんご鍋仕立て

【材料・2人分】

とりひき肉 300g、卵白 1個分、卵黄 1個分、長ねぎ(白い部分) 1/2本、小町麩 30g、にら 4/5わ、塩 少々、片栗粉 大さじ2、つゆ(赤とうがらし[種は除く] 1本、だし汁 2と1/4カップ、しょうゆ、みりん、酒 各大さじ1と1/2)

【作り方】

1. 長ねぎは縦半分に切り、中心はみじん切り、外側は斜め薄切りにする。小町麩はポリ袋に入れてすりこ木などで細かく潰す。にらは4cm長さに切る。

2. ボウルにとりひき肉、ねぎのみじん切り、小町麩、卵白、塩少々を入れてよく練り合わせ、一口大に丸めて片栗粉大さじ2をまぶす。

3. 土鍋につゆ、2、にらを入れて中火にかけ、約5分煮る。卵黄をのせ、ねぎの斜め薄切りを散らす。

(1人分476Kcal、塩分3.3g)

肉だんごを一口大に丸めた後、表面に片栗粉をまぶすと煮ている最中に型崩れしにくくなります。土鍋に入れる際は、肉だんご同士が重ならないように置いてください。中までまんべんなく火が通り、味がしみ込みやすくなって◎

甘めのつゆがおいしい♪ 肉だんごに小町麩と卵白を混ぜ込んだ「ふわふわ肉だんご鍋仕立て」 画像(3/2) 旬の白菜とせりを使った「とりだんご鍋」もおすすめ!