どんな味にもなじむ懐の深さ…! お弁当におすすめの豆腐のおかず5選

#食 
「ピリ辛いり豆腐」


大豆のうまみが凝縮された「豆腐」。やさしい味わいはどんな食材や調味料も受け入れてくれるため、豆腐が1丁あれば料理のバリエーションが広がります。今回はそんな豆腐を使った、お弁当におすすめのおかず5選を紹介。ボリューム満点の料理が手軽にできるので、おかずの品数が少ない時にも活用できますよ。

ピリ辛いり豆腐(1人分313Kcal、塩分2.3g)


【材料・2人分】

もめん豆腐 1丁、ツナ缶 1缶(約80g)、にんじん 1/3本、しいたけ 3枚、さやいんげん 6本、赤とうがらしの小口切り 1本分、合わせ調味料(砂糖 大さじ1、しょうゆ 小さじ2、塩 小さじ1/3)、サラダ油

【作り方】

1. 豆腐はペーパータオルで包んで約2㎏のおもしをし、約1時間おいて水きりをする。にんじんは細切りに、しいたけは軸を除いて薄切りにする。いんげんは斜め4等分に切る。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、とうがらし、にんじん、しいたけ、いんげんを順に加えてさっと炒める。ツナを缶汁をきって加え、全体に油がまわるまで炒める。

3. 豆腐を手でくずして加え、木べらで潰しながら、約5分、パラッとするまでいる。合わせ調味料を加え、水けがなくなるまでいる。

水分を飛ばしながら炒めるいり豆腐なら、適度な歯ごたえを楽しめます。ツナ缶をプラスすればコクもアップ。にんじんのオレンジ色といんげんの緑でカラフルに仕上がるので、お弁当が華やかになりますよ。

豆腐の卵包み


豆腐は水きりせず使うので、すぐに作れるのがうれしいところ。お好みで酢じょうゆを添えていただきましょう。

卵と豆腐のマリアージュが自慢の「豆腐の卵包み」


甘辛いり豆腐


長ねぎとしょうがの風味が豆腐と相性抜群。甘辛の味つけでご飯がどんどん進みます。

「甘辛いり豆腐」


豆腐チーズカツ


豆腐の中からとろ〜りチーズがこぼれ出す絶品揚げ物。味つけはシンプルに塩だけでOKです。

「豆腐チーズカツ」


肉巻き豆腐の南蛮漬け


豚ロースの薄切り肉を豆腐に巻きつければ食べごたえが増します。ピリッとした辛みとほどよい酸みで、おつまみにもぴったり。

「肉巻き豆腐の南蛮漬け」


夏だけでなく、日中に気温が高くなる春先も食中毒への注意が必要。調理前に手をよく洗う、豆腐の汁けはよくきって詰めるなどして、お弁当が傷むのを防いでくださいね。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ピリ辛いり豆腐
豆腐の卵包み
甘辛いり豆腐
豆腐チーズカツ
肉巻き豆腐の南蛮漬け

ほかにもいっぱい!豆腐のレシピをチェック!



おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //