1ヶ月冷凍保存可! 袋ひとつで出来るスコーンの作り方 忙しいをなくす家事貯金術(8)【連載】

#食 

快適に暮らしていくためには、料理・掃除・洗濯・片付けなどの家事は必須。 むしろ、逃れられない作業です。でも「やらないですんだら、うれしい」という人もいると思います。そんな、「好きではないけれど、やらなくてはいけない家事」を、どうすれば効率よく、短い時間で、終わらせることができるのか。

『明日の私を助ける 家事貯金 「忙しい」をなくす少しの工夫』の著者である leaf 河内智美さんは、そのことを徹底的に追求して、浮いた「家事時間」を、自分が家でのんびり過ごすための「家時間」に変えています。家でのんびり休む時間を作る48のアイデアの中から一部を抜粋して、全20回までお届け。今回は第8回目です。

冷凍しておけば、パンを買い忘れても大丈夫!


おいしい朝食のために、袋一つで作れるスコーンを仕込んでおく


わが家では、朝食はパンと決めています。でも、ときには、夜になって明日のパンがない! と気づくことも。そんなときは、袋に材料を入れてこねるだけのスコーンを焼きます。キッチンを汚さず、洗い物も増やさず、簡単に作れるからです。ズボラ方式ですが、味は美味。一晩冷蔵庫で寝かせた生地は、1カ月冷凍保存も可能です。

【材料】(4~6個分)

牛乳80g(100ml)、食塩不使用バター60g

A 薄力粉180g、ベーキングパウダー小さじ1、塩小さじ1/4、グラニュー糖大さじ2~3

【作り方】

【写真を見る】袋ひとつで出来るスコーンの作り方 その1


1 ジッパー付き保存袋をキッチンスケールにのせ、計量しながらAを入れ、袋を閉じてよく振る。

 


2 約1cm角に刻んだバターを袋に入れ、手でバター粒がなくなるまで揉んでなじませる。

 


3 牛乳を4回程度に分けて入れ、袋の上からこね、厚さ1.5~2cmの長方形にまとめる。

 


4 生地は冷蔵庫で一晩寝かせる。焼くときは袋の片面をはさみで切り、台と生地に打ち粉(分量外)をする。

 


5 三角もしくは四角に切ると生地が余らない。190度に予熱したオーブンで15~20分焼く。

 


薄力粉は『オーマイ こんな小麦粉ほしかった』を使用。ダマにならないので粉をふるう手間が省けます。

著=leaf 河内智美

この記事に共感したら

Information

『明日の私を助ける 家事貯金 「忙しい」をなくす少しの工夫』

明日の私を助ける 家事貯金 「忙しい」をなくす少しの工夫


快適な「家」の中で、大好きな北欧家具に囲まれて、おいしいコーヒーを飲みながら、夫と愛犬と一緒にのんびり暮らす時間。毎日、頑張らなくてもいい。家でのんびり休む時間を作る48のアイデアが詰まった1冊です。

▼単行本情報はこちらから

著者:leaf 河内智美
家事貯金研究家。間取りや住み心地にこだわったマイホームが2014年に完成。料理、掃除、洗濯、片付けなどの終わりのない家事を、効率よく短時間ですませるちょっとした工夫を「家事貯金」と名づけて、コツコツ楽しみながら実践している。「家事貯金」で貯めた「時間」は、趣味や自分磨きなどの「わたし時間」や、暮らしを楽しむための「いえ時間」のために投資。日々の工夫を綴ったブログ「10年後も好きな家」は、エキサイトブログ第1回プラチナブロガーコンテストで、収納・インテリア部門の特別賞を受賞。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //