【夕飯レシピ】肉食男子も喜ぶ!ステーキ感覚で食べられる「かじきのガーリックソテー香味ソース添え」 画像(1/2) にんにくの味と香りが食欲をそそる!
にんにくの味と香りが食欲をそそる!

調理=鈴木薫 撮影=宗田育子

魚よりも肉好きの子どもやパパに、頭を痛めているママのレパートリーに加えてほしい一品。魚の臭みが少ないかじきをにんにくでソテーして香味ソースで食べるので、食べごたえ満点! 肉おかずに匹敵するおいしさ&ボリュームです。つけ合わせのさつまいものほんのりした甘みも◎。


【かじきのガーリックソテー香味ソース添え】(1人分310Kcal、塩分1.3g、調理時間15分)


<材料・2人分>かじき2切れ、さつまいも100g、にんにくの薄切り1片分、香味ソース(玉ねぎの粗みじん切り1/4個分、セロリの粗みじん切り10cm分、パセリのみじん切り・マヨネーズ各大さじ2、塩・こしょう各少々)、塩、こしょう、オリーブ油


<作り方>

1.さつまいもは皮つきのまま食べやすい大きさの棒状に切る。水に約5分さらし、ざるに上げて水けをきる。かじきは塩、こしょう各少々をふる。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1、にんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったらかじきを並べ入れる。うすく焼き色がついたら上下を返して2~3分焼き、にんにくとともに取り出す。続けてさつまいもを入れ、時々軽がしながら約4分焼く。

3.器にさつまいもとかじきを盛り、かじきに香味ソースの材料を混ぜてかけ、にんにくをのせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】