包んで焼くだけ!お疲れの日の簡単レシピ「鮭のハニーマスタードグリル」 画像(1/2) 粒マスタードとはちみつで、いつもと違ったホイル焼きに
粒マスタードとはちみつで、いつもと違ったホイル焼きに

調理=小林まさみ 撮影=千葉充

週も半ばでそろそろパワーダウンぎみの日は、食材を包んで焼くだけのホイル焼きはいかが? 合わせだれに粒マスタードとはちみつを使うので、おなじみのホイル焼きも目先の変わったおいしさに! 皮ごと使うかぶもジューシーでおいしい!!


【鮭のハニーマスタードグリル】(1人分186Kcal、塩分1.3g、調理時間30分)


<材料・2人分>生鮭2切れ、かぶ(葉つき)小2個、合わせだれ(粒マスタード大さじ1 1/2、はちみつ小さじ2、オリーブ油小さじ1、しょうゆ小さじ1/2)、塩


<作り方>

1.鮭は骨を除き、両面に塩少々をふって約10分おき、水けをペーパータオルで拭く。かぶは茎を約2cm残して、葉を切り落とし、皮つきのまま縦1cm幅に切る。水にさっとさらして茎のつけ根の汚れを取り、水けをきる。アルミホイルを約30×30cmに広げ、かぶ半量、鮭1切れの順におく。同様にもう1つ作る。

2.合わせだれを半量ずつ鮭にぬり、アルミホイルを閉じる。

3.魚焼きグリルに並べ、強火で約15分焼く。いったん取り出してアルミホイルをあけ、鮭に焼き色がつくまでさらに2~3分焼く。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】